「突然、“パン”という音が響いて。見ると、店の前に止めてあった黒いベンツのリアガラスが粉々に割れていました。以前にはうちの窓が標的になったことも……」

 困惑した様子で語るのは、犯行現場である歯科医院の横でヘアサロンを営む男性。逮捕されたのは、隣人のスナイパーだった──。

4年前から同様の被害が47件も発生

 8月13日、器物損壊で逮捕された東京・文京区の歯科医、秋山浩康容疑者(60)。今年の7月26日に、エアガンで路駐する高級車へ鉄球弾を撃ち込んだ疑いがもたれている。

「まさか隣の歯科医院の院長が犯人だとは。いつもヘルメットとサングラスを装着し、黒いハーレーに乗って通勤していました」(前出・店主)

 事件当時の状況はというと、

「被害に遭った高級車の持ち主は外国人で、昼下がりに近くのスーパーで買い物をしていた隙を狙われました」(店主)

 この日は日曜日で、容疑者の歯科医院は休診日だった。

 JR山手線大塚駅近くの現場付近では、4年前から同じような被害が47件も発生していた。

「向かいのヘアサロンも過去に2度、ガラスを撃たれています。隣のホテルも被害に遭いましたし、うちの店も2年ほど前に……。現場には鉄球が落ちていて、修理費は13万5千円でした」(店主)

 同業である近くの歯科医院も被害に遭ったことが。

「4年ほど前、夜中のうちに窓ガラスを撃ち抜かれていました。穴は5センチほどの大きさで、2センチの厚みがある強化ガラスなので、かなりの威力で撃たれたようです」(歯科医院の院長)

被害を受けた近隣の歯科医院の銃痕

 被害者はいずれも秋山容疑者と付き合いはなく、容疑者の犯行かどうかは捜査中だ。

 秋山歯科医院の家宅捜索では院長室などからエアガン22丁、金属弾約7300発が押収された。容疑者は「若いころからエアガンを集めたり改造したりしていた」と供述する一方、容疑を否認しているというが……。

「押収されたエアガンは、30年以上前の古いモデルばかり。威力が強すぎて、現在は規制されていますから、サバイバルゲームやシューティング場で使用すれば即、出入り禁止です。

 規制される前に購入したものをそのまま所持していたのでしょうが、適切に管理していなければ、持っているだけで銃刀法違反に問われますよ」(ガンショップ店員)

 なぜ、そんな物騒なものを街中で発砲したのか──。