芸能界の新型コロナ感染が止まらない。

 8月25日に感染が判明したのは、タレント・山口もえ。直後から“濃厚接触者”と認定されていた夫の爆笑問題・田中裕二も大事をとって自宅待機していたが、PCR検査の結果、翌26日に「陽性」と判明した。

「田中さんだけではありません。3人のお子さんも含め家族全員が入院している、と。田中さんは、抱えている10本のレギュラー番組すべての出演をキャンセルしています。最近増えているという“家庭内クラスター”が発生しちゃったのは間違いありませんね。相方の太田光さんが陰性だったのが、不幸中の幸いですが」(スポーツ紙記者)

 だが、話はそれだけで終わらなかった。

「田中さんがMCをやっているTBS系の『サンデージャポン』でアシスタントを務めている山本里菜アナもコロナに感染したことがわかったんです。山口さん側からなのかそれとも『サンジャポ』側からなのか、どこから感染が始まったのか経路は不明だそうですが、そうとうな感染力。このまま“大規模クラスター”なんてことにならないといいんですがね……」(前出・スポーツ紙記者)

 止まらない連鎖─その発端だったかもしれない山口がコロナ判明前に収録していたのが、“トットちゃん”こと黒柳徹子がMCを務めている長寿番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)だった。

もえさんは9月4日オンエア分のゲストとしてスタジオ収録に参加していたんです。その収録分を“予定どおり放送するか検討中”とのことですが、このまま“お蔵入り”の可能性が高そうです。収録時には問題なかったとはいえ、直後にコロナの感染がわかった方の映像を流すのは、やっぱりちょっとためらわれます」(テレビ朝日関係者)