コロナのせいで会うことはできないけれど、也哉子ちゃんとは連絡をとり合っていて。希林さんの話になると“懐かしいねぇ”って。“もしも今、希林さんが元気だったとしたら、コロナだろうが平気で外に出かけそうだよね”なんて也哉子ちゃん笑っていたけれど、ホントにそうですよ

 そう語るのは、東京・西麻布にあるセレクトショップ『PRESS601』のオーナー・遠藤勝義さん。'18年9月15日にこの世を去った女優・樹木希林さんとは、30年来の親交があり、娘の内田也哉子やその夫の本木雅弘ら内田家とは今も親しい間柄だ。希林さんは客として遠藤さんのショップに足を運んでいただけでなく、お互いが、最近見た映画の感想を言い合うためだけに電話をかけるほどの“親友”だった。

そういう人がいなくなってしまって、この2年、ずっと寂しいんですよ。今でも映画を見ていると、ふと“希林さんなら、どんな感想を言うかな”なんて」(遠藤さん)

カンヌから帰ってきたあとに……

 同じように希林さんが長年にわたって通い続けていたヘアサロン『カットアンドカットヒラタ』。希林さんを担当していた男性従業員も「まだ実感が湧かない」と口にする。

今でもひょっこりお店にやって来そうな気がするんですよ。普段から、とてもお茶目な人でね。希林さんが声優をやっていたジブリの『借りぐらしのアリエッティ』の話をしたら、その場で突然セリフを演ってくれたり。『ユニクロ』で買ったという帽子に、某高級ブランドのタグを自分で縫いつけてきて“コレ、いいでしょ”なんて(笑)

 希林さんの生前の面影を求めて、今も全国からファンが訪ねてくるという。

40、50代くらいの女性がウチの店にわざわざ髪を切りに来てくれるんです。中には遠く九州からいらっしゃった方もいてびっくりしたことがあります。みなさん決まって“希林さんと同じ髪型にしてほしい”とおっしゃるんです。実は、希林さんのヘアスタイルはそんなに難しいカットではないので、どのヘアサロンでもやってくれると思うんですが(苦笑)。やっぱり“みんなから愛されていた方なんだなぁ”と改めて感じました」(男性従業員)

 行きつけの店の中でも、特に希林さんが通い詰めた店がある。神奈川県横浜市内にある地元では名の知れた老舗の居酒屋『叶家』だ。昭和27年に希林さんの両親が創業したという、いわば希林さんの“実家”。希林さんの実兄の妻─義姉がずっと店を守ってきたが、昨年から自宅を離れて介護施設で暮らしているという。その義姉に代わって現在、店を切り盛りしているのが娘の谷川不二映さん。希林さんの姪にあたる不二映さんによれば、希林さんは亡くなる2、3か月前まで店に顔を出していた。

樹木希林さんの両親が開いた居酒屋に飾られている写真と達筆な色紙

「最後に来たのは……カンヌから帰ってきた後だったかな……。ひとりで寄ってくれることもありましたけど、たいてい誰かを連れてきて、そういうときはお連れの方々をテーブル席に座らせて、自分はひとりでカウンター席に座っては、私たちとおしゃべり」(不二映さん、以下同)

 希林さんは義理の息子である本木雅弘もしばしば連れて来たという。

「私、モックンの大ファンで。だから叔母がモックンを連れて来てくれたときは、思わず一緒に写真を撮らせてもらっちゃいました。叔母は、モックンのことをすごく信頼していたんです」

“芸能人との遭遇”では、こんなこともあった。

叔母から“あなたに似合いそうだから”と、浅田美代子さんが着ていたという服をもらったこともあるんです。浅田さんにお会いしたことなんて、もちろんないんですけれどね(笑)