『半沢直樹』は国民的ドラマへ

2020年4月、『半沢直樹』ロケに臨む堺雅人
すべての写真を見る

「すでにスピンオフが制作されていることも、局の上層部が大和田を主役にしたスピンオフ企画に乗り気になっている理由だといいます。ライフスタイルの多様化により、国民的ドラマが減っている今、2作続けて大ヒットとなった『半沢』の続編をやりたくないはずはない。さらに今シリーズで、愛されキャラになった大和田が主人公となれば、高視聴率は間違いないですから」(同・TBS関係者)

 9月30日に行われたTBSの定例社長会見で『半沢』の続編の可能性について聞かれた瀬戸口克陽編成局長は、

「スタッフ、キャスト含め全力を出し尽くした。そういう意味では考えておりません」

 と言い切ったものの、9月中旬には原作小説の最新作『半沢直樹 アルルカンと道化師』も発売。『半沢』の世界はまだまだ広がっているだけに、続編やスピンオフ企画への期待は高まるばかりだ。

 TBSに出演者のギャラとスピンオフ企画について問い合わせたが、

「出演者のギャラに関しては、こちらではお答えできません。続編に関しては、定例会見で話したことがすべてです」(宣伝部)

 でも、ギャラも“倍返し”なら、出演者もきっと続編を希望しているはず!!