話題のドラマや映画で活躍するお笑い芸人が増加中。しかし、このトレンドは最近始まったわけではなかった! あの“演技派俳優”も、実は芸人として厳しい下積み時代を過ごしていて──。

意外なアノ人も! 芸人俳優たちの履歴書

 またもや大ヒットを記録した『半沢直樹』(TBS系)だが、出演したお笑いトリオ『東京03』の角田晃広(46)と、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の児嶋一哉(48)の熱演ぶりも注目された。

 近年、ドラマや映画で好演する芸人が増加中。日ごろは何げなく見ているアノ役者たちも、実は芸人としても活動していたことをご存じ? 

 まずは『古畑任三郎』シリーズの西園寺刑事役で才能を開花させた石井正則(47)。

石井正則

'16年までお笑いコンビ『アリtoキリギリス』として活動していた石井さんは、根っからの“コント師”。あるコントでは、観客が爆笑しているのに、役に入り込みすぎて笑い声が聞こえなかったことがあったそう。ただ、デビューした当時は“お前、いつ辞めるの?”と落ちこぼれの烙印を押されたことも。その悔しさをバネにしているのだと思います」(芸能プロ関係者)

 お笑いコンビ出身といえば'15年まで『キングオブコメディ』で活躍していた今野浩喜(41)も思い浮かぶ。

今野浩喜

見た目を生かした、ちょっと危ない雰囲気が漂う刑事など、独特な世界観を演じることに長けています。コメディーキャラも得意ですし、演技の幅が広いので重宝されています」(映画製作関係者)

 そんな今野が芸能界入りしたのは「モロ師岡さんのような人になりたかったから」というのが理由なんだとか。

 '96年に中年ボクサー役で出演した北野武監督の映画『キッズ・リターン』で、『東京スポーツ映画大賞』の助演男優賞を獲得したモロ師岡(61)。それ以降は、個性的な役柄を数々こなしてきた。

モロ師岡

モロさんは大学時代、同級生が立ち上げたコントグループに入団。アルバイトとして、都内のストリップ劇場でネタを披露していたそうです。この仕事はそうとうつらかったようで、朝の10時半から12時間働き、休みはまったくなく、劇場に住み込みながら芸を磨いたそうですよ