「とてもいい孫娘だったのに、こんなことになってしまうなんて……」

 そう悲嘆にくれたのは、東京・港区東新橋の公園に生まれたばかりの女の子を遺棄した容疑者の祖母。

「子どもがいては夢が叶わない」

 大学4年生だった昨年11月3日、就職活動のためにたびたび上京していた北井小由里(さゆり)容疑者(23)は産気づき、羽田空港にある多目的トイレの中で出産。

 女の子だったが、産声をあげたため、ティッシュを口に詰め込んだ。

「それでも泣きやまなかったので、首を絞めて殺した。子どもがいては夢が叶わないと思った」

 と、のちに供述。亡骸を紙袋に入れて、いったんは宿泊先のホテルへ。そこで公園を検索したあと、高層マンションに囲まれたJR浜松町駅近くの「イタリア公園」で土の中へ遺棄したのだった。

イタリア製の彫刻もある遺棄現場の公園

 公園で遊んでいた幼児が発見して、事件が発覚したのは5日後だったが、目撃者は皆無。

 警視庁は空港や公園の防犯カメラなどで該当する約30000人を解析して、1年後の11月1日、衣料品販売員・北井容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 遺体にはへその緒もついたままだったというが、なぜ妊娠したままで就職活動を続けたのか。周囲に相談できる人はいなかったのだろうか。

おとなしくて目立たない子だった

 北井容疑者は、兵庫県神戸市郊外の田園地帯出身。

 近所の住民は、

「おとなしくて、弟や妹をかわいがるいい子やったよ」

 と言い、地元の中学校時代の複数の同級生も、

「バレーボール部に所属していたが、おとなしくてほとんど目立たない子だった」

 と口をそろえた。

 CA(客室乗務員)を夢見た容疑者の大学時代、同居家族との関係、赤ちゃんの父親は──容疑者の祖父母に話を聞いた 『《東京・港区》公園に乳児遺棄で逮捕の元女子大生、CAを夢見て就活中に極秘出産〈なぜ妊娠を誰にも相談しなかったのか、容疑者の祖父母が悲痛告白〉』を、11月11日、11時のYahoo!ニュース有料記事にて【全文公開】する。