「撮影していたころを思い出すだけで、今でもテンションがバーッと上がってきますね」

 中野英雄(56)の代表作といっても過言ではなく、当時、夢中になった人も多いであろう野島伸司脚本のドラマ『愛という名のもとに』(平均視聴率約25%、最終回32.6%)。1992年に放送されたこの作品で、中野は“チョロ”という愛称で親しまれる、証券会社勤務の青年を演じた。

朝から夜まで“吊るされ三昧”

 主演の鈴木保奈美が、前年の月9ドラマ『東京ラブストーリー』で大ブレイク。次のフジテレビ系列放送の主演作となったこの作品は、大学のボート部でともに青春時代を過ごした7人が、社会に出てからそれぞれの事情でもがき苦しむ様を描いた衝撃作だ。

「当時はトレンディードラマがすごく流行(はや)っていた時代。唐沢(寿明)君が、映画だけでなくドラマにも出演するようになって、江口(洋介)君も、徐々にブレイクしてきたタイミングでした。とにかく、周囲からいろいろな期待がかかっていた一作だったんです」

 この撮影をしていたころの中野は26歳。主要キャストらが若いだけでなく、関わるスタッフたちも、30歳以下の若手を中心に結成されていたという。

「同級生で作品づくりをしているようで、現場は和気あいあいと楽しかったですよ」

 こう当時の様子を振り返り、いちばんの見せ場となった、チョロが自死を選択したシーンの裏側を語る。チョロこと倉田篤は、営業成績が最下位で上司からパワハラを受けており、フィリピンパブで出会ったホステスに入れ込む。ある日、彼女からカネを無心され会社の資金を横領し、それを指摘した上司に対する傷害事件を起こしてしまう。さらに、意中のホステスが他の男にも同じ手口を使っていたことを目撃したチョロは失意のなか、自ら首を吊って人生に幕を下ろすのであった。

「早朝から身体を吊るす器具をつけられて、その上からスーツを着て。一度脱いだら着るのがまた大変だからって、弁当も三脚の上で立ったまま食べていたんです(笑)。とにかく、朝から夜まで吊られっぱなし!

 僕が死んでいる姿を仲間たちが発見するシーンは、まさに本番のみのワンカット勝負で。監督に“僕、どうしてこんなに待っているんでしょうか……?”と聞いたら、“今、お前を探し回っているシーンを撮影してる。お前はお前で心づもりがあるだろうから、準備しとけよ! 絶対に動くなよ!”なんて、相変わらず宙吊りのまま言われたりしてね」

「決してNGを出してはいけない!」というプレッシャーとの戦いは、聞いているだけでも過酷さが伝わってくる。ついに変わり果てた姿で仲間の前に現れたチョロは、男性メンバーの手によって縄を解かれ、地面にそっと横たわらされた。

「息を止めて寝ているのに、唐沢君が僕の胸をドンドン叩くんですよ。“起きろ、起きろ”ってね。“いや、待ってくれ! 気持ちはわかる! でも、僕は動いちゃいけないんだ。あと一発きたら、次はもう無理!”って、撮影中にものすごく必死でした。それがフラッシュバックしちゃって、あのシーンだけは今でも感動できないんですよね(笑)。

 そのあとは、棺桶の中にいるシーンばかりだったし、目をつぶっているから外の様子はわからない。全身に菊をまとって、その臭いや睡魔と戦った思い出しかないかな(笑)」

若いころの出演作は「いろいろな後悔がよみがえってくるから、ほとんど見返さない」という中野英雄