バブルの象徴と言われるのは嫌ではないし、どうぞどうぞって感じです(笑)。ただ、自分ではそういうふうには思っていなかったですね

 バブル経済まっただ中の'90年に、レコード会社・パイオニアLDCの“J-POP第1号歌手”として華々しくデビューしたKATSUMI。キャッチーな楽曲で数多くのCMソングに起用され、大ブレイクを果たした。

「当時の事務所が六本木にあったのですが、事務所の駐車場代だけで自分が住んでいたアパートの家賃ぐらいするのを知って驚いた記憶があります。僕自身は給料制だったこともあり、バブルとはほど遠い生活を送っていましたね」

 ソバージュヘアに俳優顔負けのイケメンという見た目から都会的なイメージがあるが、実は茨城県出身。東京へ来たばかりのころはなかなか訛りが抜けず、苦労したという。

JALのCMソングとして作られた『It`smyJAL』は大ヒットした(写真 Masanori Kato)

音楽の専門学校に通うために上京したのですが、訛っているのが恥ずかしくて、最初のころはあまり話せなかったですね。当時はDCブランドブームだったし、田舎者だと思われたくなかったので、バイト代はバンド活動と洋服代に消えていました

似た曲ばかり求められるように

 専門学校卒業後もバンド活動を続けていたところ、24歳のときにチャンスが訪れる。

「22歳のときにやっていたアマチュアバンドのデモテープが音楽関係者の目にとまり、事務所に所属することができたんですが、なかなかデビューができなくて。給料はもらえていたけど、いつデビューできるかわからない状態だったので、辞めようと思い事務所の社長に電話をしたんです。そしたら“さっきレコード会社が決まったよ”と。ドラマみたいなできすぎた話ですけど、実話です」

 '90年4月にメジャーデビュー。そして2枚目のシングル『危険な女神』が、カメリアダイヤモンドのCMソングに起用されたことで、一気に注目を集めることに。

「いざデビューしてみると、レコード会社からの期待なども強く、プレッシャーのほうが大きくなっていって……。そこからは事務所が用意した神輿に乗せられて、どんどん進んでいった感じでしたね」

 その後は、リリースするたびにCMのタイアップが。

代表曲のひとつである『It's my JAL』は、JAL側と代理店で企業名も入れたCMソングを作りたいというアイデアが先にあり、曲が先行で完成していたところに、歌い手として僕の名前が出てきたそうなんです。運がいいことに作詞までさせていただきました。そういう縁もあり、今でも飛行機に乗るときはJALを選んでいますね。誰に頼まれたわけでもないんですが(笑)

 しかし“時の人”となるにつれ、こんな悩みも。

母親もレコード会社の人もすごく喜んでくれたし、素直にうれしかったです。当時、築いた人間関係は今でも財産になっていますね。ただヒットが続くにつれて、周りからは同じような曲しか求められなくなっていって……

 タイアップからヒット曲が生まれていたものの、それが重荷に感じるように。

CMソングを歌わせてもらえるのは光栄なことではあるのですが、企業や広告代理店の意向も強くなっていくので自分のやりたいことと、求められていることに、どんどんギャップが生まれるようになったんです。僕もまだ25歳ぐらいで若かったこともあり、自分の意見が通らないことに苛立つようになって……。今なら直しの注文が入っても、“はい、喜んで!”と言えるのですが、自分が一生懸命、作ってきたものを作り直してこいと言われたり、楽曲を作るうえでのプロセスで納得ができないことも続いて、悩むようになりました