声をかけていただけたことは、ものすごく光栄だと思います。1度、福田監督とお仕事がしてみたいという思いが前々からありましたので。それが叶って本当にうれしいです

 コメディーの奇才・福田雄一監督のオリジナル脚本による映画『新解釈・三國志』で“鼻につく自称イケメン将軍”趙雲を演じている岩田剛典。オファーを受けたのは、2年ほど前。監督と食事に行ったときだった。

「正直、僕で大丈夫かなと思いました(笑)。ほかにどんな方々が出演されるかも聞いていましたから、すごくプレッシャーを感じましたね。ただ、肩書だけでもう笑えるので、キャラクターに助けてもらえるかなと(笑)。

 福田監督からお願いされたのは、誇張して演じてほしいということ。ミュージカル調で話したり、独特の間を取ったり、あまりにもぶっ飛んだキャラだったので振り切って演じました

プライベートでも
やっぱりイケメン?

 三國志の中でも、もっとも有名な『赤壁の戦い』を描いた今作。劇中、中華統一を目指す英雄・劉備や、彼と義兄弟の杯を交わした関羽、張飛を前に得意げに「劉備軍イチのイケメンです」「モテます」というセリフが。

岩田剛典 撮影/矢島泰輔

「本当に、もう、なんでしょうね(笑)。なかなかこうストレートに表現することってないですから。撮影現場では、スタッフの方しかいないのでほぼ笑いがないんです。だから、手応えを感じることができなくて(笑)。劇場で見てくださる方には笑っていただけたらいいなと思いながら演じていました。

 これまで、プライベートでも自分のことを“イケメン”なんて、1度も言ったことがないです。世の中、カッコいい方がたくさんいますから、僕がそんなこと言ったら怒られちゃいますよ(笑)

 劉備を演じた大泉洋や関羽役の橋本さとしとは初共演。張飛の高橋努とは、デビュー作品以来の共演だった。

「高橋さんとは、僕の映画デビュー作になる『クローズEXPLODE』(04)以来でしたが、“久しぶり”ってすぐに打ち解けられました。橋本さんはEXILEに共演しているメンバーが何人かいたので“元気にしている?”と声をかけてくださって。

 大泉さんは、座長として真ん中でどしっといてくださって。でも、距離を感じさせないお人柄。思わず、打ち上げのときに“一緒に写真を撮ってください”とお願いしてしまいました(笑)。僕、緊張して、なかなかこういうことって自分から言えないんです。すごくいい思い出になりました。次に大泉さんと作品でご一緒できたら、今回以上にガッツリ絡めたらいいなと思います」