「去年の3月でいったん定年退職されて、4月から再雇用で人生の第2のステップを踏み出されたばかりだったので、本当に驚いています……」

 そう話すのは、情けない不祥事を起こした先生の同僚だった学校関係者。

落書きで中学教師が現行犯逮捕

 1月中旬ごろから、神奈川県平塚市内の新興住宅街の丘陵にあるガードレールに卑猥(ひわい)な落書きが相次いでいた。

「書いては役所がペンキで消し、書いては消しの連続で、最後はそれでも追いつかず、テープで隠してあった」(地域住民)

 いまではペンキで塗り直してあり判然としないが、その内容はというと……。

「縦5センチ、横10センチぐらいにカタカナで女性の名前、女性器の名称、女性器のマークが5か所ぐらい落書きされていました。

 最初はガキのいたずらだと思っていたけど、まさか先生とは。その女性の名前は同僚の先生ではなくて、教え子の名前というウワサになっています」(別の地域住民)

 落書きが続いたため、神奈川県警平塚署員が張り込んでいたところ、1月31日、日曜日の朝5時26分ごろ、男が油性ペンで落書きをしたので、器物損壊の疑いで現行犯逮捕された。

現場のガードレール。左の落書きは模倣犯か。判読不能なのでそのままに

 捕まったのは現場から約300メートルのところに住む、秦野市立中学校の教師・山口勝久容疑者(61)だった。

「落書きしたことは間違いありません」

 と容疑を認め、余罪もほのめかしているという。

 一連の犯行は名前の女性をおとしめる意味だったのか、欲求不満のはけ口だったのか──。