「何か僕に伝えられることがあれば答えていくので、気軽に聞いてください」

 2月6日、田中将大が沖縄県内で行われている楽天の1軍キャンプに合流。首脳陣やナインに挨拶し、拍手で迎えられた。

 大リーグでも華々しい活躍を見せた彼の国内復帰は、球界を超えて大きな話題に。

「“マー君”の愛称で親しまれましたが、今やそんな呼び方が似合わないほどのスーパースターになりました。高校野球で活躍して'07年に楽天イーグルスへ入団。野村克也さん、星野仙一さんという大監督に教えを受け、'13年には24勝0敗の大記録を樹立してチーム初の日本一に貢献。翌年には大リーグの名門球団ニューヨーク・ヤンキースに移籍し、旋風を巻き起こしました。プライベートでは'12年にタレントの里田まいさんと結婚し、2児を授かっています」(スポーツ紙記者)

仙台のファンたちは今

 フリーエージェント権を取得した田中が選んだのは、古巣の楽天だった。球団の本拠地・仙台はエースの復帰を大歓迎。ファンが集まるおでん店『三吉』の店主・田村浩章さんも、彼にエールを送る。

東北に勇気を与えてくれる決断だし、お金じゃないんだなって気概を感じますね。マー君は記者さんとうちに来てくれたこともありますし、里田さんもマー君のご両親と来てくれました。“田中です”と普通に電話してきて、お店に来たときにはびっくりしましたよ。また楽天で活躍して、東北を盛り上げてくれたら

 彼が足しげく通っていたラーメン店『徳島ラーメン人生』の店長・宮本仁子さんもうれしそう。

'17年に訪問した仙台市立岡田小学校。校長室の壁にはサイン入り記念Tシャツが

メジャーに行った後も、一時帰国の際には立ち寄ってくれました。いつもふらっと来て、飾らない様子ですよ。奥さんと2人で来たときも全く気取らず自然体。いつもニコニコ明るくて、食後には気持ちよく“ごちそうさま!”と言って帰られます。お店ではスタッフから余計な声をかけないようにしているんですが、今度来てくれたときには心の中で“ありがとう、お帰りなさい”って言いたいです

 '17年からは毎年、東日本大震災の被災地支援として、仙台市内の小学校を訪問していた。最初に訪れたのは仙台市立岡田小学校。現在6年生で少年野球のキャプテンを務める古川達夢くんは、2年生だった当時を振り返りながら、喜びを語ってくれた。

マー君がプレゼントしてくれたTシャツを今でも練習着に使っています。開幕投手をやるところが見たいし、楽天で頑張って、エースとしてもう1度、球団を盛り上げてほしいです