コロナ禍のいま、ひそかに“突然死”が増えているのをご存じだろうか。

「直近の症例はストレス心筋症によるものです」

 そう語るのは、日本循環器学会専門医で、すぎおかクリニック院長の杉岡充爾先生。

「コロナ禍の制約された生活を送る中、過剰なストレスがかかり、自律神経に異常をきたして心臓の一部が動かなくなったケース。家にいてテレビを見る時間が増え、不安や怒りを煽(あお)られるメディアパニックから過剰なストレスを感じ、同様の症状に陥ったケース。どちらも論文で発表され、突然死の事例が報告されています」(杉岡先生、以下同)

女性も心筋梗塞に要注意を

 そもそも突然死とは、医学的には「発症から24時間以内の予期されなかった死亡(外因性のものを除く)」と定義されている。原因として心臓の病気が多く、その数は年々増加傾向にあるという。

「動脈硬化によって心筋梗塞を招き、突然死につながるのが典型的なパターンです。動脈硬化とは、血管の内側にコレステロールや脂肪などがたまり、血液の通り道を狭める状態。進行すると血管を詰まらせ、心筋梗塞や脳梗塞に至ります。要するに、突然死の多くは血管が詰まって起こるのです」

 血管を詰まらせる危険分子は、高血圧や糖尿病といった生活習慣病や肥満、喫煙など。加えて過剰なストレスもあてはまり、自律神経の乱れから血管が痙攣(けいれん)を起こし、強く収縮して血流を悪くする。冒頭紹介したコロナによるストレス心筋症はこちらがもとになっているそう。

「ひと昔前は、心筋梗塞といえば50代、60代の男性が要注意でした。しかし今は食生活の変化で同年代の女性も注意が必要。また女性の社会進出が進み、職場のストレスも重なってくる。さらに女性の場合、エストロゲンという心身を守ってくれるホルモンが、閉経後、減少していく点でも注意が必要でしょう

 一方、秋冬は心臓発作で倒れる人がいちばん多い季節。大きな寒暖差による血圧変動で起こるヒートショックの注意も必要で、突然死のリスクは日常の多くの場面に潜む。

 しかし血管の詰まりは自分で認識できるものではない。ゆえにある日突然、心臓病などを発症して思い知らされる。今年1月20日、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二さん(56歳)が、前大脳脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で緊急入院したのもその一例。

「前大脳脈解離とは脳の前のほうにある血管が解離、すなわち炎症を起こした状態です。血管の炎症が続いて病気を発症するわけですが、この炎症はミクロレベルなので、脳ドック(MRIなど)で調べてもわからないケースが多い。ですから、血管が炎症や痙攣を起こさないような生活を送ることが、突然死につながる心臓の病気を防ぐキモになります

急病で搬送された人の数