「赤堀は、保護責任者遺棄致死で逮捕される前に詐欺で逮捕されていますが、それとは別の金銭トラブルが次々と報じられています。

 これから、ますます被害を訴える人が出てくるかもしれませんね」

 と地元メディア記者は、事件の今後の成り行きを話す。

小学生のころから「ボス的な存在で怖かった」

 昨年4月までに、福岡県篠栗町の無職・赤堀恵美子容疑者(48)は、“ママ友”の碇利恵容疑者(39)を洗脳のような状態に。

 碇家の生活を支配して、5歳だった三男の翔士郎ちゃんを餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いでともに逮捕されている。

翔士郎ちゃんを抱く碇容疑者。現在は、“洗脳”が解けているそう

「詐欺について、赤堀は生活保護費だけではなく、車を売らせたり架空の裁判費用をデッチ上げたりするなど、さまざまな手法で碇から金をだまし取ったとされていますが、すべての容疑を否認しています」(同・記者)

 総額で1200万円を碇容疑者からだまし取ったとされるが、赤堀容疑者の地元・福岡県大川市では、別の“被害”を訴える人物が現れている。

 3人きょうだいの末っ子として生まれた赤堀容疑者は幼いころ、ひょうきんで話を盛り上げるタイプだったというが……。

「意地悪というか、弱い者イジメをすることがあったとです。ボス的な存在で怖かった」

 と小学校の同級生。人に依存する性格は若いころからあったようで、中学の同級生はこう証言する。

「私立高校を卒業後は、しばらく無職だったとか。まだ両親が木工工場で働いていて、それほど生活は苦しくはなかったとでしょうね。

 20歳のころ、ようやく職探しを始め、親しくもない同級生のコネをたどって、福岡の久留米市の電子機器会社へ就職したようです。

 ところが、体格がよすぎてその会社の制服が入らなかったというエピソードがあったくらい」

 その会社はあえなく倒産し、無職となり地元のスナックで働いていた時期もあったようだが、疑問の声もある。