引っ越してから運気が上がったというダレノガレ明美。仕事もメンタルも絶好調! 部屋に置いた「あるモノ」が、彼女を開運に導いていた!?

よい運気を招いてくれる●●

 昨年末「CAROME.(カロミー)」というコスメをプロデュースしたダレノガレ明美。累計出荷は100万本を突破し、「イマドキ顔になれる」と若い世代を中心に大ヒット中だ。加えてインスタグラムはフォロワー147万人以上、後発ながらスタートさせたYouTube「ダレノタメチャンネル」でも、“23kg減”のダイエット法が大きな話題に。

 ノリに乗っているダレノガレ明美だが、「引っ越してからすごく運気が上がった」という。

ダレノガレ明美Instagramより

 昨年末放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、風水にこだわった3LDKの新居を紹介。事実無根の薬物報道などに悩まされていたが、引っ越してからは“いいことずくめ”と、にっこり。

「魔除けの観葉植物を2つ買いました。部屋の角に置くといいと聞いて。あと生花も極力絶やさないようにしています」

 と、植物を中心とした風水術を披露した。

「観葉植物は魔除けの効果が非常に高いですからね」

 というのは、観葉植物のネットショップ“グリーンスマイル”の橘伸季さん。風水アドバイザーの資格も持ち、観葉植物を取り入れた風水提案も行っている。

「風水は自然との共存を大切にします。観葉植物は自然そのものと考えられるので、いい効果が期待できるんです」(橘さん、以下同)

 観葉植物は、土に根を張る大地のパワー、太陽に向かっていく太陽のパワー、水を吸収する水のパワー、植物としての生物パワーといった自然がもつ力を凝縮させた存在。これを生活に取り込むことで、悪い気を浄化し、よい運気を運んでくれるのだ。

「観葉植物ならどんな植物でもいいのですが、おすすめは3つ。悪い気を浄化させたいなら、サンスベリアと幸福の木。悪い気の侵入を防ぐなら青年の樹(ユッカ)がいいでしょう」

 飾る場所は、邪気が入りやすい玄関や家族が長い時間を過ごすリビング、鬼門(北東)の方角などがベスト。では、自然のパワーをMAX取り込みたいから、数は多いほうがいい?

「たくさん置く必要はありません。生活との共存が大切なので、生活を邪魔するような数や、大きな植物はかえってNGなんですよ」

 空間に合った大きさや数、自分がお手入れできる範囲がベストバランスなのだそう。ここで気になるのが、万が一枯らしてしまった場合。これって、自分の運気もダウンするということなのだろうか。

「その逆です。手入れをしていたのに植物が枯れた場合、植物が悪い運気を吸収し植物がもつエネルギーを人間に与えたためと考えられるのです」

 枯れてしまったら、「ありがとう」と感謝をして処分をするのがよい。

 インスタグラムでは広いリビングに大きめの観葉植物を飾り、玄関にサンスベリアを置く様子をアップしているダレノガレ。悪い運気をはねのけ、今後も絶好調は間違いなし!?

取材・文/樫野早苗