緊急事態宣言下で桜の開花宣言を聞いた東京都。小池知事は今年の花見宴会について「なしで」と、密を避けて静かに散策しながら花を愛(め)でるよう呼びかけたが……。

「はっきり言わせてもらうと“宴会禁止令”は大歓迎ですね。酒やつまみはたいていよそから持ち込まれるので地元にそれほど金を落とさず、食べ散らかした残飯や空き缶などのゴミは捨てていくんだからたまったものではない。酔っ払いはタチが悪いし、これを機にずっと禁止してほしいぐらいですよ」

 と葛飾区の都立恩賜水元公園近くに住む60代男性はまくし立てた。

 水元公園は総面積約93万平方メートルと都内最大規模の水郷公園。沿道の桜並木は有名で、園内にも随所で桜が咲き誇る。バーベキュー広場などもあり、例年は園内での花見飲食は認められてきたが、コロナ禍の昨春は、宴会はもちろんのこと花見自体を禁止に。

「それでも他県ナンバーの車を含め、明らかに花見に来た人が結構いました。お酒は飲んでいなかったようだけれども、マスクを外している人はいましたね。今年は飲食禁止しかしていないから昨年以上の人出になりそうで、密にならないかと心配しています」

 と近所に住む40代女性。

 公園内で飲食するぶんには近隣宅などにゴミを不法投棄することはなさそうだが、マナーの悪い花見客には昔もいまも頭を抱えているという。

「昔は、一夜明けると自宅前にゴミが積み上げられているなど被害は深刻だった。最近はそこまでではなくなってきたものの、鉢植えに食べ残しの串焼きが刺さっていたことも。酔って上半身裸で走り回ったり、痴漢も出るから、毎年春先は治安が悪くなる印象しかないよね」(別の60代男性住民)

 公園の入り口には「お花見期間中のお願い」とする立て看板があり、宴会やシートを広げての飲食禁止が明記されていた。歩きながら桜を楽しむことまでは禁じていないが、マスク着用で混雑を避けるよう求めている。

「公園はとにかく広いから人混みを避けることはできるかもしれない。でも公園駐車場を封鎖しているため近隣への路上駐車は増えそう。いまだってこのとおり、桜並木の沿道は路上駐車でいっぱいでしょ。ここまで来た客がすんなり花見を諦めて帰るとは思えない」(同)

水元公園の桜並木の沿道には路上駐車が

 ところ変わって、都心の花見スポットとして知られる千代田区の千鳥ヶ淵緑道。区は感染防止のため「さくらまつり」を中止し、夜桜のライトアップも行わない。緑道近くに民家は少なく、花見客による生活への影響は限定的に思えたが……。

 徒歩5分圏内に自宅のある70代女性はこう打ち明ける。

「花見期間中はどっからこれだけの人が来るのかと思うほどの人混みで歩きにくい。特に日中がひどくて、近所のコンビニの商品はすべて買いあさられてしまうし、買い置きしておかないと食べるものに困るの。そうね、昨年はいつもよりはマシだったわね」

 自営業の男性は、花見期間中は「売り上げは少しだけ伸びる」としながらもマナーの悪さを嘆く。

「狭い歩道をカップルがだらだらと手をつないで歩き、うしろが詰まっても気にしない。スマホで写真を撮るために突然立ち止まったりする。桜が咲くのはここだけじゃないんだから地元で楽しめばいいのに。そんなにもうからないから負の側面のほうが大きいかな」