今日(29日)から朝の新番組が2つスタートする。前番組からMCの雰囲気もガラリと変わるが、テレビ局の“狙い”とは? 今後の朝番組について、テレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

番組のカラーが激変

 今春は例年に比べて番組改編の動きが大きく、長寿番組の終了や新番組のスタートなどが連日にわたって報じられている。なかでも、過去を振り返っても記憶にないほどの変化が見られるのは、朝8時台スタートの情報番組。

『とくダネ!』(フジテレビ系)と『グッとラック!』(TBS系)が終了して、『めざまし8』(フジテレビ系)と『ラヴィット!』(TBS系)がスタートするほか、『スッキリ』(日本テレビ系)は水卜麻美アナとハリセンボン・近藤春菜が抜けて岩田絵里奈アナが加入し、『あさイチ』(NHK)のメインキャスターも近江友里恵アナから鈴木奈穂子アナに代わる。

 まさに、はじまってみなければわからないほどの未知数な状況だが、やはり最大の注目は2つの新番組であり、MCを務める谷原章介と麒麟・川島明だろう。前番組の小倉智昭と立川志らくとのギャップが大きく、番組のカラーが激変することは間違いないからだ。

 なぜ同じ朝8時台の情報番組であるにもかかわらず、それほどギャップが大きく、カラーが激変するような人材がピックアップされたのだろうか。

率直な物言いよりスマートや柔和

 まず前番組のMCを務めた小倉智昭と立川志らくの持ち味と言えば、しばしば物議を醸すほど率直でハードな物言いだった。一方、谷原章介と川島明のキャラクターは、「スマートでクレバー」「柔和で温厚」などのソフトなイメージが強く、やはりギャップがある。

立川志らく

 このギャップは、制作サイドが率直な物言いよりも、スマートや柔和を求めていることの表れであり、そこに視聴者ニーズがあるとみているからだ。とりわけこの1年間はコロナ関連の重苦しいニュースが続いているだけに、視聴者に訴えかける強さや鋭さより、視聴者に寄り添うような姿勢が求められはじめている。

 また、「率直な物言いの小倉智昭や立川志らくでも、番組に出るからには、それなりの忖度があるだろう。しゃべりにくいことはスルーしているのではないか」と感じる視聴者が増えたことも見逃せない。つまり、「率直な物言いのキャラクターでも、テレビ局に雇われた出演者である限り、すべてが本音で話しているとは思えない」とみなされているのだ。

 たとえば、毒舌が売りの芸能人が「本当はいい人なのだろう」とみなされることは好感度アップにつながりやすい反面、率直な物言いの芸能人が「忖度があるだろう」とみなされることがタレント価値の減少につながっている。