山崎豊子の不朽の名作が、WOWOW開局30周年記念作品としてドラマ化。大阪万博を控えた高度経済成長期に、富と権力獲得の手段として関西政財界で閨閥を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれていく。その主人公・大介を演じるのは中井貴一、万俵家の長男で、阪神特殊製鋼・専務の鉄平を向井理が熱演。本格共演は初めてという2人が、親子を演じた感想から近況までを、たっぷりと語った。

中井家&向井家の共通点は餅つき!?

――自らの夢と野望の実現の中で次第に確執が深まっていったりと、難しい親子関係でしたが?

中井 そうですね。現場では和気あいあいという感じではまったくなかったんです。向井くんは鉄平という役をとっても真摯に受け止めている。大介との距離感とか非常に考えていて、なるべく話しかけないほうが作品にもプラスになるというのを感じました。

向井 貴一さんにはお聞きしたいことがたくさんあったので、お話しするタイミングがなかったのは残念ですが、まずは現場が優先。もちろん、ずっといがみ合っているドラマではないので、食事のシーンとかでピリッとした空気を貴一さんが柔らかくしてくださったり、雰囲気を自在に変えてくださって、すごくやりやすい現場でした。

――ドラマの中で、万俵家では正月にホテルでみんなで集まったりなどといろんな仕来りが。中井家と向井家には、そういう定番はありますか?

中井貴一 撮影/佐藤靖彦

中井 正月は昔から自宅で過ごしていますね。

向井 そうなんですね。

中井 結婚してからは、友人・知人を呼んで、餅つきをしていました。お米屋さんから臼と杵を借りて、みんなが連れてきた子どもたちに食べさせて。それを7〜8年くらい続けていたんですが、大みそかからの準備が大変。さすがに疲れてやめました(笑)。

向井 餅つきでしたら、仲よくさせていただいている相撲部屋に毎年年末に行って、餅を一緒について子どもに食べさせていました。ここ数年は行けてないんですが。あと向井家では、両親が関西なので鯛のお頭を焼いて、男性がほぐしてみんなで食べるというのをいまでもやっています。なぜ男性なのか理由は知らないのですが、子どものころから僕がほぐしてましたね。