“推しは推せるときに推しとけ”っていう

 昨年、映画『ロマンスドール』のプロモーションで情報番組に出た際、こう熱弁していた蒼井優。その言葉どおり、4月17日に“推し活”で中野サンプラザを訪れていた。

モーニング娘。'21らが所属するハロー!プロジェクト(通称ハロプロ)からのデビューを目指し、レッスンを積むハロプロ研修生の初単独公演が行われたのですが、昼公演に蒼井さんが来ていたんですよ!!」(目撃したファン)

 蒼井といえば、ハロプロ所属のアイドルグループ・アンジュルムの大ファンとして知られ、山里亮太と結婚した際には同じアイドル好きであることから“アンジュルム婚”と呼ばれたほど。

友人でモデルの菊池亜希子さんの影響でハロプロにハマったそうですが、この日も菊池さんらしき女性と変装もせずに見に来ていましたね。現在は新型コロナの感染対策で楽屋挨拶が中止になっているため、一般のファンに交じって退場されていましたよ。2人とも地味な色のロングコートを着ていたし、最近は女性ファンも増えているから会場でも溶け込んでいましたね」(同・ファン)

夫・山里亮太にも教育を

 デビュー前のメンバーのコンサートに足を運んでいたことが発覚し、ハロプロファンからも驚きの声が上がっている。しかし、ハロプロ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサさんはこう語る。

「昨年4月からハロプロ研修生に密着したテレビ東京系の番組『ハロドリ。』が放送されるなど、正式デビュー前にもかかわらず注目度が高まっています。芸能界でも屈指のハロプロファンで知られる蒼井さんが現場に足を運ぶのは当然の流れでしょう。公演は昼と夜の2回開催されましたが、本当の意味での初公演である昼公演を見に来ているところから、本気度が伝わります」

デビュー前だがチケット争奪戦になるほど人気(ハロプロ研修生マネージャーTwitterより)

 夫の山里も蒼井から“英才教育”を受けていることを、自身がパーソナリティーを務めるラジオで明かしていた。

《ハロプロの研修生の説明をずっとされてますんで。“すごいこの子は頑張っているんだよ”っていうのを》

 3月28日に幕張メッセで開催されたハロプロメンバーが一堂に集まる『ひなフェス2021』でも、蒼井の姿が目撃されている。

地方のライブハウス公演にも足を運ぶ新木優子さんと蒼井さんは、ファンの間でも一目置かれた存在です。'19年に蒼井さんと菊池さんがダブル編集長を務めたアンジュルムのムック本を発売した際には、普段は取材を受けないアイドル雑誌のインタビューにも“アンジュルムのためなら”とひと肌脱ぎ、快く引き受けていました。最近、女性のハロプロファンが増えているのは、彼女たちの活動の影響も大きいかもしれませんね」(アイドル雑誌編集者)

 これまでクールなイメージがあった蒼井。健気に“推し”を応援するその姿勢は、ファンならずとも推せる!?