昨年1月に俳優・東出昌大(33)との3年におよぶ不倫が発覚した後、女優業の休止を余儀なくされている唐田えりか(23)。彼女が復帰できるかどうかに関心が集まり続けている。

 結論から言うと、唐田が望む限り、復帰するのは間違いない。ドラマ界、映画界からのニーズがあるかどうかは別だ。このまま復帰できないと所属芸能プロダクション「フラーム」の威信に関わるという事情がある。

所属事務所には売れっ子がズラリ

東出と初めて出会った際、唐田えりか(左)はまだ19歳だった

犯罪に関係せず、さらに日ごろの指示に従っている限り、所属芸能プロは配下のタレントを守る。仕事を探す。そうしないと、その芸能プロの力量が疑われてしまい、ひいては地盤低下につながりかねない」(芸能プロ社員)

 もしものときに守ってくれない、救ってくれない芸能プロに喜んで所属するタレントはいないということだ。

 逆にどの芸能プロも反旗を翻したタレントには冷たい。そうしないと、ほかの所属タレントの帰属意識まで損なわれてしまうからである。

 フラームに力がなかったら、いくら唐田を復帰させたくてもそれは難しいが、同社には力も十二分にある。ほかに所属しているのは広末涼子(40)、有村架純(28)、戸田恵梨香(32)、吉瀬美智子(46)、田中みな実(34)ら。これほど売れっ子の女優を抱えている芸能プロはそうない。

 売れっ子が多数いると、当然ながらドラマ界、映画界への発言力も強い。その気になったら、すぐにでも唐田のキャスティングを実現することが可能だろう。

 だが、フラームがそれをやらないのは、いまだ唐田への世間の反発が強く、時期尚早と考えているからにほかならない。

「フラームの社長のIさんは温厚で人当たりがよく、いかにも女優と接するのが得意そうだが、頭は抜群に切れる。その才覚で自分が興した会社を大きくした」(同・芸能プロ社員)

 同社の設立は1998年。新しい会社だ。当初は広末しかいなかったが、Iさんとその右腕で芸能界に顔が広いAさんの力量によって、たちまち芸能界の一大勢力となった。