自分の中で強くなり自分を知れた30代

女優としてさまざな作品に引っ張りだこの尾野は、今年11月で40歳。

「もうあっと言う間(笑)。30歳になるときは『カーネーション』の撮影現場でお誕生日会をしてもらったんです。

 朝ドラを経験できたのはうれしかったですし、そのあともたくさんの仕事をさせてもらったり、結婚して離婚も経験して30代は自分の中で強くなれた部分もあるし、自分を知れた感じがあります。だから、いまは昔よりちょっと気が楽になったところも多少ありますね

一方、こんな変化にも気づいたそう。

「自分では厚かましい話、まだ20代だと思っている部分もあるんですけど(笑)、昔ほど機敏じゃなくなったり、多少、身体の衰えを感じることもありますけどね」

そんな彼女のテンションの上がる瞬間がこれ。

地方ロケがあると聞いたときです。しかも泊まりで! 私、ホテルに泊まるのが好きなんですよ。いろんなお店に行って食べたりしなくてもOK。だから、千葉とか近場でも撮影が遅くなったり、明日が早いから泊まりになってもいいですかと聞かれたら“はい、泊まります! ”ってテンション上がっちゃいます(笑)。

 この作品では1回だけしかなかったので、どこでもいいのでまた泊まりのロケに行きたいです」

どうしても不安なんです

「セリフ覚えが悪いから毎回大変なんです。だから、覚えるときはいつもリビングに座ってひととおり台本を覚えて、次にお風呂でもう1回覚えて。そして、寝る前に布団の中で台本を持たずに全部ちゃんと言えたら合格。

 もし言えなかったら、もう1回起きてまたちゃんと覚えて、また布団に入っての繰り返し。いつもセリフが入るまで安心して寝られないんです」

『茜色に焼かれる』
5月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
配給:フィルムランド、朝日新聞社、スターサンズ
(C)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
撮影/高梨俊浩 スタイリスト/江森明日佳(BRUCKE) ヘアメイク/黒田啓蔵(Iris) 衣装協力/ottod'Ame/STOCKMAN、CAMPER、BRUCKE