1971年より香港で歌手として活躍し、'72年より日本でアイドル活動をスタートさせたアグネス・チャン(65)。歌手デビュー50周年を迎える彼女はいつまでも変わらぬ美貌と歌声でわれわれを魅了し続けるが、同時に数々の“伝説”の持ち主としても有名だ。そこで、今回は数々の逸話の真偽を本人に直撃してみた!

“元祖”外国人アイドル歌手

 アグネスが日本での活動を始めたころ、“外国人アイドル歌手”はほかにまだいなかった。つまり、彼女が外国人アイドルの元祖ということ。

「あと、当時の香港にアイドルという概念はありませんでした。女性タレントは歌手か女優に分けられ、私はフォークシンガーという認識だったんです。だから、日本に来てアイドルと呼ばれても『アイドルって何だろう?』と思っていました」

 つまり、アグネス・チャンは“香港初のアイドル”だと言い換えることもできる。年齢以上に幼い顔立ちのアグネスは瞬く間に人気者になり、中国人歌手として初となる日本武道館コンサートを'78年に行った。

「誰もやったことのないことをやり遂げたというのがなによりうれしかったです」

 当時のアイドルの殺人的スケジュールの話はよく耳にする。アグネスの仕事ぶりも常軌を逸していた。

「番組の収録が1日2~3本ありました。あと、深夜放送が流行っていたから、夜11時くらいにラジオ局へ行って曲をかけてもらうんです。それらをすべて終え、そこからがレコーディング(笑)。夜中に帰って朝6時には迎えが来るから髪を洗う時間もなく、着替えと歯磨きだけで精いっぱいでしたね」

アグネス・チャン、デビュー50周年の記念企画として、初期作品の2021年最新リマスタリング音源&紙ジャケット仕様のCDが登場。第1弾ではデビュー時期のライブアルバム3作品(初CD化)が5月に発売された

 そんなアグネスも大人のタレントになり、'86年に結婚。同年には長男を出産した。そして翌'87年、生後間もない長男をテレビ局へ連れていくアグネスを作家の林真理子が批判した「アグネス論争」が勃発する。

「子どもが生まれたらお母さんは仕事をやめなくてはならない、という風潮を変えたかった。でも、うまくいかない可能性だってある。そしたら、ほかの女性が私を見て『母親になるのをやめよう』『仕事するのをやめよう』と諦めちゃうかもしれない。

 だから、『本当に気をつけて子育てしよう』と思うと同時に、母親になってプラスになるような仕事の選び方をしていこうと考えたんです。例えば、味の素やライオンなど主婦が使うもののCMを選ぶようになりました」