リクルートカードというクレジットカードがあります。カードショッピングが高還元で、お得にポイントを貯められるのがメリットです。

 リクルートカードの還元率はいつでも1.2%であり、年会費無料のクレジットカードでは最高クラスの還元率を誇っています。

 電子マネーチャージにも強みがあり、人気な主要電子マネーへのチャージでお得にポイントを貯められます

 貯まるリクルートポイントは、共通ポイントのPontaポイントに1ポイント単位で交換できるので、ポイントの使い勝手も良好です。

 メインカードとして活用すると家計が大助かりとなるリクルートカードのスペック、メリット・デメリットを解説します。

リクルートカードの素晴らしいメリット3選

 リクルートカードにはメインカードとして活用できるメリットが豊富に備わっています。

・いつでも還元率1.2%で劇的にポイントが貯まる
・月間30,000円までは電子マネーチャージでも還元率1.2%
・ポイントは使い勝手が良好なPontaポイントに交換可能

いつでも還元率1.2%と年会費無料カードでは最高峰

 リクルートカードの最大のメリットは、高還元のポイント還元です。業界最高水準の1.2%となっています。

 リボ払い専用カードの中には1.2%を超えるクレジットカードもありますが、通常のクレジットカードで1.2%はエッジが効いています。

 カードショッピングで100円あたり1.2ポイントのリクルートポイントを貯められます。

 リクルートポイントの価値は1ポイント1円なので、いつでもどこでも1.2%という高還元でポイントを貯められます。

 ライバルの楽天カードも一般加盟店での還元率は1.0%にとどまっています。こうして考えると、1.0%を0.2%も上回る1.2%の還元率は魅力的です。

 ポイントの付与単位は月間の利用金額合計なので、切り捨てられる端数は最大で1か月99円だけと優秀。効率的にポイントを貯められます。

 また、リクルートポイント(通常ポイント)の有効期限は、最後に獲得した月の12か月後の月末までとなっています。つまりポイントを獲得する限りどんどん有効期限は延びていく形になります。

 一般家庭での支出金額をもとに、0.5%還元・1.0%還元のカードと比べた場合の年間の獲得ポイント数を比較します。

月間の支出 リクルートカードの
年間ポイント額
1.0%のカードの
年間ポイント
0.5%のカードの
年間ポイント
50,000円 7,200円 6,000円 3,000円相当
100,000円 14,400円 12,000円 6,000円相当
150,000円 21,600円 18,000円 9,000円相当

 例えば月10万円使う場合、リクルートカードは、還元率0.5%のカードよりも年8,400円、還元率1.0%のカードよりも年2,400円も多くポイントを得られます。

 還元率が高いとシンプルにお得になる金額が増えて、家計改善に役立ちます。

 クレジットカードを使わずに生活している方の場合は、リクルートカードの利用をはじめるだけで年間14,400円も貯金できる計算となります。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

月間30,000円までは電子マネーチャージでも還元率1.2%

 リクルートカードは電子マネーチャージでも月間30,000円まで1.2%のポイントを得られます。

 チャージがポイント対象の電子マネーは、国際ブランドによって異なっています。

 JCBはnanacoとモバイルSuicaが対象で、VISA/MastercardはnanacoとモバイルSuicaに加えて、楽天Edy、SMART ICOCAも対象です。

 楽天Edyは利用額の0.5%(200円ごとに1ポイント)が楽天ポイントで還元されるため、リクルートカードの1.2%と合わせると、合計還元率は1.7%となります。

 楽天Edyをカバーしている分、電子マネーを使う場合は、VISAかMastercardがおすすめです。

 電子マネーのチャージでのポイント還元は1か月あたり30,000円分が上限なので、30,000円を超えたチャージではポイントを得られないのはデメリットです。

 月間集計期間は毎月16日~翌月15日です。電子マネーごとに30,000円ではなく、すべての電子マネーの合算金額である点に注意が必要です。

 とはいえ、電子マネーチャージは月30,000円あれば十分という方も多いでしょう。幅広い電子マネーチャージで1.2%還元を受けられるのは大きなメリットです。

電子マネーチャージが30,000円以上の方は2枚持ちがおすすめ

 なお、リクルートカードは、JCBはジェーシービー、VISA/Mastercardは三菱UFJニコスが発行しています。

 したがって、発行会社ごとにリクルートカードを2枚持ちすれば、1か月あたり最高60,000円まで電子マネーチャージでポイントを得られます。

 毎月30,000円以上電子マネーを利用している方は、リクルートカード2枚持ちがおすすめです。

 ただし、2枚持ちができる組み合わせはJCBとそれ以外(VISAかMasterCardのいずれか)だけです。VISAとMasterCardは発行会社が一緒なのでこの組み合わせで持つことはできないので、注意しましょう。

リクルートポイントは便利なPontaポイントに交換可能

 リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントは、人気の共通ポイントであるPontaポイントに交換できます。

 

 リクルートポイント1ポイント=Pontaポイント1ポイントで等価交換でき、手続き後は即時にPontaポイントの残高に反映するので便利です。

 Pontaポイントは幅広いリアル店舗・インターネットサービスで、1ポイント=1円として現金同様に利用できます。

 ローソン、ローソンストア100、ケンタッキー、昭和シェル、ゲオ、ビックカメラ等で便利に使えます。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

ポン活なら1ポイント1.5~3円

 また、いわゆる「ポン活」にも利用でき、ローソンでお試し引換券を発行して使えば、1ポイントの価値が1円超になります。

 ローソンお試し引換券は例えば150円のコーヒーが50ポイント、約130円のチューハイ等を60ポイントなど、お得なポイント数で交換できます

 1ポイントあたりの価値を1.5円〜3円にアップさせることができます。ポン活を行う方なら、リクルートカードは最高にお得なクレジットカードです。

 一般加盟店での1.2%という還元率は、Pontaポイントが貯まるクレジットカードの中でも最高になります。

Ponta経由でJALマイルにも交換可能

 リクルートポイントはPonta経由で交換することで、JALマイルにすることができます。2Pontaポイント→1JALマイルに交換可能です(『JMB×Ponta会員』登録が必要)。

 年会費・マイル移行手数料の両方が無料なので、コスト0円で手軽にJALマイルを貯めたい方にも、リクルートカードはおすすめです。

メリットが大きく幅広い方におすすめ

 リクルートカードの3つのメリットは大きく、多くの方におすすめできるクレジットカードです。

・高還元率でポイントを貯めたい
・Pontaポイントを貯めている方
・電子マネーチャージでポイントを貯めたい

 リクルートカードの最大のメリットは、シンプルに一般加盟店で1.2%という高還元率でポイントを貯められる点です。

 クレジットカードの選択においてはコスト・還元率が重要な構成要素であり、低コストと高還元は正義です。

 この点、年会費無料で1.2%という高還元率は、素晴らしい優位性を発揮しています。リクルートカードのポイントプログラムは総合的に優れています。

 また、貯まったポイントはPontaポイントに相互交換できるので、ポイントの使い勝手も抜群に良好です。

 リクルートカードはおトクな入会キャンペーンを開催しており、入会のチャンスとなっています。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

リクルートカードの年会費

 リクルートカードは国際ブランドによって発行会社が異なり、カードの機能・サービスに若干の相違があります。基本スペックはほぼ同一です。

・JCB:ジェーシービー
・VISA、Mastercard:三菱UFJニコス

 さきほど解説した電子マネー対応の他、ETCの発行手数料が異なっています。

 リクルートカードは本カード・家族カードともに年会費無料です。ETCカードも年会費無料ですが、VISA/Mastercardの場合は1,000円(税抜)の発行手数料が必要です。JCBは発行手数料も無料。

 国際ブランドによって一長一短の特徴がありますので、利用する目的に合わせて国際ブランドを決めましょう。

・楽天EdyやSMART ICOCAチャージに使う:VISAかMastercard
・ETCカードを無料で発行したい:JCB

リクルート関連サービスではさらにお得にポイントが貯まる

 リクルートカードの基本還元率は1.2%であり、VISA、Mastercard、JCBどれかの加盟店で幅広くポイントを貯められます。

リクルート関連サービスの数々

 また、リクルートカードをリクルートグループの幅広いサービスで利用すると、Pontaポイントとリクルートポイントをダブルで獲得でき、お得なポイント還元を受けられます。

・ポンパレモール:還元率3%以上、リクルートカード払いで合計4.2%以上
・ホットペッパービューティ: 利用代金の2%、リクルートカード払いで合計3.2%
・ホットペッパーグルメ: 予約人数に応じたポイント×50p+1.2%
・じゃらん.net:利用代金の2%、リクルートカード払いで合計3.2%

 リクルートは、ショッピング・美容・食事・旅行など、多様なジャンルで女性に嬉しいサービスを展開しています。

 レストラン・美容院の検索・予約にホットペッパーを利用した場合、予約&来店のポイントに加えて、リクルートカード決済によって高還元率でポイントを貯められます。

ポイントの交換先・使い道

 

 リクルートポイントは、Pontaポイントへの交換に加えて、リクルートグループのサービスで1ポイント=1円として現金同様に使えます。

 ポンパレモール、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、じゃらんゴルフなど、幅広いサービスでリクルートポイント利用可能です。

 ポンパレモールでは全額ポイント払いでお買い物した際にも、3.0%の還元率でPontaポイントを貯められます。

 ポイントの内訳はPonta Webのポイント通帳画面で確認できます。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

付帯保険が充実

 リクルートカードは、年会費無料のクレジットカードとしては高還元の付帯保険も大きな魅力です。

海外旅行傷害保険

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
障害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高20万円(自己負担額1事故3,000円)
救援者費用 最高100万円
賠償責任保険 最高2,000万円

 利用頻度が多くて重要な傷害・疾病治療(病院などの医療費)の補償金額が最高100万円まで補償されます。

 海外での急病やケガに備えられるので、コストをかけずに海外旅行用のカードを確保できます。

 補償の付帯条件は利用付帯といって、旅行代金や交通費などをリクルートカードで支払った場合にしか補償は適用されません。

国内旅行傷害保険

 リクルートカードの国内旅行保険は利用付帯で、死亡・後遺障害の最高1,000万円が補償されます。

年間200万円のショッピングガード保険

 リクルートカードの付帯保険で最大のメリットは、年間200万円までのショッピングガード保険です。

 リクルートカードで購入した商品について、購入日(配送などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故(国内・海外問わず)によって損害を被った場合に適用されます。

 1万円というクレジットカードも多い中で、補償を使いやすいのが大きなメリットです。

 年会費無料のクレジットカードではショッピング保険がないカードも多いので、素晴らしいショッピング保険が付帯するのは大きな利点です。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

デメリットは電子マネーチャージ時の上限

 リクルートカードの数少ないデメリットは、電子マネーのチャージでポイントを得られるのは、30,000円という月間上限が設定されている点です。

 ただし、クレジットカードと電子マネーを併用する場合、3万円で足りるという方も多いでしょう。

 また、リクルートカードはJCB、VISA/Mastercardを2枚持ちすれば、各カードで30,000円=60,000円まで月間の上限をあげられます。

 もし不足する場合は、楽天Edyは楽天カード、モバイルSuicaはビックカメラSuicaカード、SMART ICOCAはエポスカードなど、ポイント還元対象のカードをサブカードとして保有すれば問題ナシです。

リクルートカードのお得なキャンペーン

※画像はイメージです

 リクルートカードでは、カードの新規入会と利用で最大6,000円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンを開催しています(現在はJCBブランドのみ)。

・新規入会:1,000円分
・発行日から60日以内のカードの初回利用:1,000円分
・発行日から60日以内に携帯電話料金の支払い:4
,000円分

 簡単な条件をクリアするだけで、最大6,000円分のポイントを獲得できてバリューが高いキャンペーンです。

 キャンペーンで付与されるのは「リクルート期間限定ポイント」で、Pontaポイントには交換できませんが、リクルートの豊富なサービスにおいて利用できます。

 ポンパレモール、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー等の身近なサービスで使えるので、現金同様のお得な入会&利用特典です。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

リクルートカードの付帯特典

 リクルートカードでは、充実した付帯特典が用意されています。一部はJCB、VISA/Mastercardで異なっています。

海外アシスタンスサービスでサポート

 リクルートカードは海外の主要都市に設置されている海外アシスタンスデスクを無料で利用でき、旅行中にサポートを受けられます。

・VISA/Mastercard:ハローデスク
・JCB:JCBプラザ・JCBプラザラウンジ

 海外アシスタンスデスクでは、海外の交通機関・エンターテイメントなど諸々の情報の案内に加えて、レストランやオプションツアーの予約も可能です(一部手数料が必要)。

 海外旅行では心強いサポートを受けられるので、海外旅行に出かける際に役立ちます。

エクスプレス予約で新幹線にお得かつスピーディーに乗車可能

 リクルートカードは、東海道・山陽新幹線のチケットレス予約サービス「エクスプレス予約」を利用できます。

 エクスプレス予約は新幹線をスマホ・パソコン・タブレット等によってネット予約できるサービスで、乗車の際には専用のEXカードをタッチすることで改札を通過できます。

 年会費1,100円(税込み)のプラスEX会員に入会する必要がありますが、混み合った時期も券売機や窓口に並ばずに、新幹線にスマートに乗車できます。GW・年末年始・大型連休などの繁忙期には特に便利です。

 また、エクスプレス予約ではお得な会員料金で新幹線のきっぷを購入でき、早期予約で割引が大きい「早得」も予約できます。

 プライベート・ビジネスの両方で役立ち、新幹線を利用する方には大きなメリットのあるサービスです。

JCBはチケットJCBを利用可能(ジャニーズの舞台チケットも!)

 JCBブランドのリクルートカードは、「チケットJCB」を利用できます。

 チケットJCBは人気の舞台・コンサートをオンラインで予約でき、JCBチケットサービス限定のお得なプランも提供されています。

 ジャニーズの舞台チケットの取り扱いもあるので、JCBのカード枠によって申し込むことが可能です。入手困難なプラチナチケットをゲットできる確率が上昇します。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン

VISA/Mastercardは銀聯カードを発行可能

 

 MastercardブランドとVISAブランドは三菱UFJニコスが発行しているので、MUFG銀聯カードを発行できます。

 中国に長期滞在する場合は便利。年会費は無料ですが、新規発行手数料が発生します。本会員は1,000円(税抜)、家族会員は300円(税抜)です。

楽天カード・ヤフーカードとの比較

 リクルートカードと同様に人気が高い年会費無料カードには、楽天カードとヤフーカードがあります。主要な相違点の違いは下表のとおりです。

項目 リクルートカード 楽天カード ヤフーカード
ポイント還元率 1.20% 1.00% 1.00%
ネット通販の還元率

ポンパレモール

4.2%

楽天市場

3.0%

Yahoo!ショッピング 3.0%
貯められるポイント

リクルートポイント
→Pontaポイントに

交換可能

楽天ポイント Tポイント
交換できるマイル JALマイル ANAマイル ANAマイル
ショッピング保険 年200万円 × 年100万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 ×

 楽天カードはSPUでの楽天市場3倍~15.5倍特典、ヤフーカードはYahoo!ショッピングでのポイント3倍特典が魅力的です。

 ただし、一般加盟店での通常還元率では、還元率1.2%のリクルートカードが頭ひとつ抜けており、有利なポイント還元を享受できます。

 それぞれ強みが異なっており、クレジットカードは複数枚持ちできるので、利用するシーンによってカードを使い分けるのもおすすめです。

まとめ

 年会費無料で高還元率のリクルートカードは、メインカードとしてフル活用できるハイ・クオリティー・カードです。

・基本還元率1.2%(年会費無料カードでは最高水準)
・ポイントはPontaポイントに交換可能
・月間30,000円までは豊富な電子マネーチャージでポイント還元
・楽天Edyチャージで日本一の還元率
・年200万円のショッピング保険(国内も対象)

 リクルートカードのメリットはシンプルであり、年会費無料で最高水準の1.2%という高還元です。

 ポイントはPontaポイントに交換でき、ローソンやケンタッキーなどの身近な店舗で利用できます。ポン活でのローソンお試し引換券なら、1ポイントの価値が1.5~3円になります。

 月30,000円までは電子マネーチャージでもポイントが付与されて、VISA/Mastercardなら楽天Edyもポイント付与の対象です。

 楽天EdyチャージへのチャージならEdy利用時の0.5%と合わせて合計還元率1.7%となります。

 年会費無料のリボ払い専用カードではないクレジットカードでは最高で最強水準の還元率であり、リクルートカードをカードショッピングで利用するとザクザクとポイントを得られます。

 年200万円のショッピング保険も付帯しており、お買い物した商品の破損時には補償を受けられるのも嬉しいポイントです。

 お得な入会キャンペーンも魅力的であり、まだお持ちでなければこの機会にぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

リクルートカードのおトクな入会キャンペーン