「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第59回 小島瑠璃子

 6月23日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)。ゲストはお笑い芸人・ニューヨークとタレント・小島瑠璃子(以下、こじるり)でしたが、こじるりのトークを聞いていて、腑に落ちないことがありました。

『キングダム』作者と熱愛、匂わせ発言も

 こじるりと言えば2020年に『週刊ポスト』(8月14・21日号)で、人気漫画『キングダム』の作者、原泰久センセイの住まう福岡で手つなぎデートをしていたことを報じられています。同誌によると、『キングダム』の大ファンでもあるこじるりが猛アタックをして、交際に至ったそうです。ファンの間では愛妻家として名高い原センセイでしたが、離婚をして独身になっていたことも明らかにされています。

 原センセイの離婚がいつなのか明らかにされていなかったため、状況証拠から「こじるりが不倫略奪したのでは?」という憶測が飛び交います。しかし、事実はもっとえげつなかったようです。『週刊文春』によると、原センセイはアイドルAさんと再婚を前提に不倫をしていたそうです。妻とは離婚したものの、再婚をしようとしない原センセイに業を煮やし、Aさんは芸能界を引退。そこにタイミングよく表れたのが、こじるりだったそうです。

 そんな「ワケあり」の人に恋をした焦りからか、それとも「恋は盲目」で周りが見えないのか、こじるりは出演番組で、原センセイとの交際を匂わせるような発言をしていました。

小島瑠璃子と原泰久氏のツーショット(ツイッターより)

 しかし、前出『あちこちオードリー』では、幸せの条件として「自分でお金を稼ぐのがマスト」「結婚して子どもが生まれても、そこが守れるようにしたい」「自分の足で立ちたい」と、落ち着いたテンションで話していました。結婚に関しても「(バラエティーの仕事を)邪魔しない結婚って何? ムズッ」「なるべく、いい人を好きになれたらいいな」と、具体的なパートナーがいないかのようなスタンスだったのです。

 これはどういうことだと思っていたら、6月28日に2人の破局報道があったのでした。まぁ、男女の間にはいろいろあるでしょうから、こういうこともあるでしょう。それよりも、『あちこちオードリー』を見て、こじるりのヤバいまでのメンタルの強さの秘密に触れた気がしたのでした。

 メンタルの強い人、弱い人というのは存在して、最近はその理由を“自己肯定感”に求めるのが流行しています。自己肯定感は生育環境によるところが大きいので、幼少期に健康的な自己肯定感を親によって育まれることが理想的ですが、完璧な人間がいないように、完璧な親もいません。そうなると、ほとんどの人の自己肯定感は完璧なものではないでしょう。「自己肯定感が低いから、メンタルが弱い」という理論は間違ってはいないと思いますが、その一方で「それを言うなら、みんなそう」という責任転嫁になる危険性もはらんでいると思います。