「メガネですか? 今日はなしで来ました(笑)」

『ドラゴン桜』でブレイクした鈴鹿(21)にとって、初めての主演映画『星空のむこうの国』が公開に。

「35年前に上映された映画の(小中和哉監督による)セルフリメーク。そして“シネマラボ”という予算以外はすべて監督の自由に撮れるという企画でもあって。そこに参加できることがまずうれしかったし、責任感のあるお仕事だなと思いました

初の単独主演への意気込みと恋愛事情

 初の単独主演については、

「僕が見てきた現場で主演を張っていた人は、やっぱりすごい人たちだったので。けっこう身構えてしまう気持ちもあったんですが、でも、やっぱりうれしいです!!」

 演じるのは高校生・昭雄。交通事故に遭ってから、夢に何度も同じ少女(秋田汐梨)が出てくるように。ある日、帰宅すると自分の遺影が。さらには夢の中の少女・理沙とも対面を果たし、時空を超えた不思議なラブストーリーが展開される。

鈴鹿央士 撮影/渡邉智裕 

「パラレルワールドを行き来するので頭が混乱することもありましたが、作品の中で(昭雄が)男として成長するのを演じられたのは楽しかったです」

 本作のようなピュアな恋愛、してみたい?

「はい!! もう、めちゃめちゃしたいですよ、恋愛。でも出会う場所もないというか。僕のプライベートの充実度はだいぶ低いですね。10点満点中? 3くらい(笑)

 好きになったら積極的にアプローチするほう?

「僕の経験上だと攻められないですね。照れちゃう。この間も友人と何人かで電話していたら、僕が全然恋愛に発展しないのはなぜか? という話題になって。女友達にとって、安心感がありすぎるらしく。男らしさというか、男が出す危険な香り? それがないらしくて。そこは課題ですね。ちょっと頑張ります(笑)」