肺を若返らせるには?

「残気の量を減らす手っ取り早い方法は深呼吸。でも24時間、深呼吸を行うことは不可能だし、すべての残気が深呼吸で外に出ていくわけでもありません」

 そこで考案したのが、トントンと肺を叩く方法。胸を叩いて、その振動で肺の中の残気を外に出す。老人肺にも有効なこの方法は、看護師時代の経験から編み出した。

タッピングといって、痰が出やすくなるように胸を叩く療法があります。手のひらをお椀の形に丸めて、1秒に2回ほどの速度でリズミカルに叩く。そうすると気管支が振動し、痰が出やすくなる

 トントンと胸を叩くことで、不安や緊張を取り除く効果もある。呼吸器科の患者さんがよくタッピングされていたのが、ヒントとなった。

「小児病棟にいたときには、喘息の子どもの胸をトントン叩く親もいた。これは、誰でもできる手軽な健康法。寝たきりの方がやってもいい。重症の病気でも、手術後でも、どんな人でも運動が必要というのが医学的事実ですから」

 身体の一部を動かすだけでも血流改善効果が見られ、気持ちよく運動すれば、脳にエンドルフィンという鎮痛物質が分泌される。

「私は、79歳のときに乳がんで片乳切除の手術を受け、その翌日から階段昇降の運動を始めました。そのおかげで、早期退院となりました」

 新鮮な空気を肺に与えることは、健康の“基本中の基本”なのだ。

「新鮮な空気が肺、そして身体全体に何よりも重要。近代看護学の母、ナイチンゲールが著書に記しているとおり、看護師が細心の注意をすべき最初にして最後のことは、“患者が呼吸する空気を、患者の身体を冷やすことなく、まわりの空気と同じ正常さに保つこと”なのです」

 年をとった肺は、新鮮な空気を取り込む力が弱る。でも、トントン肺を叩くだけで肺の老化を食い止め、現在の息苦しさも改善できる。

「今の自分を癒し、未来の自分に健康を準備する健康法。そんなふうに考えて、胸をトントンしてください」

やってみよう“肺をトントン”

(1)鼻から息を吸う

(2)右手のひらを軽くお椀のようにして、左胸の肋骨のあたりをリズミカルに叩く。40回程度 ※1秒に2回が目安。息を吐きながら、手を上下に往復させ、位置を変えていく。その後(1)に戻り、(3)に続く

(2)右手のひらを軽くお椀のようにして、左胸の肋骨のあたりをリズミカルに叩く。40回程度 イラスト/長田直美

(3)(2)と同様に、右胸の肋骨のあたりを左手で叩く

(3)(2)と同様に、右胸の肋骨のあたりを左手で叩く イラスト/長田直美

(4)胸の中央の気管支のあたりも同様に叩く ※左右のどちらから行ってもOK!

(4)胸の中央の気管支のあたりも同様に叩く イラスト/長田直美

 ★あおむけで寝転んだ体勢ならば、よりリラックスできて効果的。

◇これは守って!◇
基本的に他人がやらないように。力加減がわかる自分自身で行うこと。高熱、高血圧など身体に異常がある場合には行わない。

 もっと詳しく知りたい人は『肺炎を遠ざけ長生きする トントン肺たたき健康法』(著者=小池妙子、サンマーク出版)をチェック!

『肺炎を遠ざけ長生きする トントン肺たたき健康法』著者=小池妙子(サンマーク出版)※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
教えてくれたのは……●小池妙子さん●看護師、老年看護のプロフェッショナル。臨床看護師の現場経験後、看護教育に携わる。都立看護専門学校校長、大妻女子大学教授を経て、弘前医療福祉大学学部長職。現在も横浜中央看護専門学校で教壇に立つ。子ども食堂、高齢者向け健康体操教室の立ち上げなど精力的に活動中。

(取材・文/ガンガーラ田津美)