今年5月11日、18歳の専門学校生の男性と14歳の中学生の少女が新宿・歌舞伎町のホテルから飛び降りて、死亡した。少女のものと思われるバッグの中からは遺書らしきメモが見つかっていた。亡くなったのは“トー横キッズ”の2人だ。歌舞伎町の映画館「TOHOシネマズ」横の通り、通称“トー横”に集まってきた若者たちのことで、“トー横界隈”とも呼ばれている。

自殺・誘拐……問題浮き彫りに

5月11日、この投稿の直後、カップルは近くのホテルから身を投げた。ツイッターには仲間からの心配の声が多く寄せられていた

 亡くなった男性のものと思われるTwitterには、飛び降りる数時間前に《(一緒に亡くなった中学生と)付き合ったカモ〜》との投稿がされている。最後の投稿は、約1時間前の《お幸せになるが〜!!》というものだ。

 自殺した理由の書き込みはなく、はっきりとはしないが、市販薬を映した動画が投稿されている。その市販薬を過量摂取(OD、オーバードーズ)し、意識を朦朧とさせることが一部で流行っているが、同じことが行われていた可能性がある。

 ちなみに、5月5日には、岩手県の男(20)がTwitterで知り合ったトー横の少女(13)をビジネスホテルに連れ込み、誘拐の疑いで逮捕される事件も起きた。今年の5月に、自殺と事件が相次いだことで“トー横”の問題が浮き彫りになったのである。

 “トー横キッズ”の実質的な“リーダー”は、バーテンダーの男性、あまみやさん(23・仮名)だ。2年ほど前から、若者たちが歌舞伎町周辺で飲んでいたのが始まりだという。

「若い子が多い。昼は中学生もいますよ。多くの子たちは、ここで知り合って友達になって、『また会いたい』から来ているのではないでしょうか。メンツの入れ替わりは激しい。全体では200人くらいが来ていると思いますが、1度に集まっているのは最大で40人くらい。半年に1回しか来ない人もいますし」

新宿・歌舞伎町の「TOHOシネマズ新宿」横には若者たちがたむろしている。雨の日は少ないが晴れると毎回20〜30人の男女が座り込んでいる

 SNSで注目を浴びたのは、TwitterやTikTokに投稿している動画だ。トー横周辺で踊ったり、前転や側転を繰り返す内容だったりする。中でも“地雷メイク”はトレンドとなった。

 7月某日。トー横で座って、男友達と話していたチャッピーさん(20代・仮名)。「あまみやさんが投稿した動画を見て、“やばいやつがいる”と思って、凸(突撃)したんです」と話す。動画を見て、興味を持ち、トー横にやってきた。

「今は月に2、3度くらい来ています」

 出会った友達と立ち話をしていた高校3年生のクズさん(18・仮名)は「Twitterで知り合った友達に会いたいから来ています。ここで友達が増えました。共通する話題がある」と楽しそう。

 来春には卒業だが、

「就職も学校から紹介された会社に決まっていますし。きっと、卒業してもまたここに来ると思います」