もういないという気がしなくて……。あの人が大好きだったスイカを見ると、思い出して悲しくなりますね

 脚本家・橋田壽賀子さんの死について悔しそうに語るのは、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などでタッグを組み、約60年にわたって交流のあった石井ふく子プロデューサーだ。

『春日局』『おしん』など数多くの人気作品を手がけた橋田さんが、急性リンパ腫のため亡くなったのが4月4日。業界に激震が走りました。橋田さんの遺志により、通夜・告別式を執り行わなかったこともあり、いまだに死を受け入れられない関係者も多いですね」(テレビ局関係者)

仲間が『千の風になって』を歌うなかこの世を去って

 石井プロデューサーもその1人だ。時間がたち気持ちの整理ができたことで、今だから話せるエピソードを週刊女性に明かしてくれた。

3月28日に開催した『橋田賞』が終わった後に電話をしたんですが、“橋田文化財団はずっと継続してほしい。自分に何かがあるかもしれないから……”と言いだして。2月に体調を崩していたことは知っていたのですが、私は励ますつもりで、“自分でそんなことを言うもんじゃない”と怒ったんです。そしたら“人間だから何があるかわからない。そのときは財団をお願いね”と改めて言われました。普段はそんなことを言わない方なんですけどね

石井ふく子

 4月に入り都内の病院から熱海の病院に移る際、橋田さんの希望で1日だけ立ち寄った自宅で容体が悪化。泉ピン子ら友人たちに囲まれて、天国へ旅立った。

“ご容体が芳しくない”という連絡を受けて急いで駆けつけたのですが、私が到着する30分ほど前に息を引き取って……。“目を開けなさい!”と声をかけたのですが、ダメでしたね。駆けつけた仲間が『千の風になって』を歌っている中で、亡くなったそうです」(石井さん、以下同)

 今年も敬老の日に『渡鬼』のスペシャル版を放送する予定で準備を進めていたという。

「昨年も放送予定だったのですが、コロナ禍もあり断念。今年は放送に向けて、出演者のスケジュールを押さえていたところでした。橋田さんはメモ書きで新作の構想を残されていましたね」

『渡鬼』は今年を最後に終わらせるつもりだったようだ。