北村匠海(23)が映画界、ドラマ界で引っ張りダコだ。主演したSFヤンキー映画『東京リベンジャーズ』は大ヒット中。7月9日の公開日からの観客動員数は200万人を突破した。これは本年度の邦画の実写作品では最速記録で、興収は27・6億円を超えた。

 共演は吉沢亮(27)や山田裕貴(30)ら。北村は錚々たる面々の中で座長を務めている。だが、本人の言葉に気負いは感じられない。

「亮君や裕貴君をはじめとした共演のみんなに絶大な信頼を置いて、肩も預けながら自由に芝居をしていました」(『日経エンタテインメント』2021年7月号)

“弱さ”も包み隠さない

 北村の言葉はいつも自然体で芸能人臭がない。あるインタビューではこう語っている。

「(仕事を)やめようと思ったことは何度もあります。スカウトされて、よく分からぬままオーディションで何百回も落ち続けて。『目が死んでる』と言われ、心折れたこともあります」(『Precious』2021年8月号)

 夢を売る芸能人は自分の弱さを見せたがらないが、北村は挫折や失意を隠さない。これも言葉に芸能人臭を感じない理由の1つだ。

 来年は映画『とんび』が公開される。父子愛を描いた同名ベストセラー小説が原作で阿部寛(57)と共演する。話題作になりそうだ。

 それにとどまらない。やはり来年、東京を生きる若者たちの2010年代をリアルに描く映画『明け方の若者たち』にも主演する。これも同名ヒット小説が原作である。

『ナイト・ドクター』のロケを目撃撮。救急隊員に扮する北村匠海は、休憩中も真剣な表情を崩さなかった

 ドラマの仕事もある。東京オリンピック閉会に伴い、出演作のフジテレビ『ナイト・ドクター』(月曜午後9時)が8月9日から再開される。

 北村の役柄は心臓移植を受けた過去のある夜間専門の若手救急医・桜庭瞬。目の前にいる人の命を救いたい一心で救命医になったピュアな男である。北村の持ち味が発揮される役柄だ。

 なぜ、ピュアな役柄が似合うかというと、おそらく北村自身が真面目だからだろう。

 何百回もオーディションに落ちながら、それでも役者を辞めなかったのは「負けの悔しさが忘れられなかったから」(『Precious』2021年8月号)なのだそうだ。居心地の悪い場所から逃げようとしなかった。