妻に不倫された夫の苦悩を描くドラマ『サレタガワのブルー』(TBS系)もいよいよ佳境に。主人公・田川の怒りも絶頂に。壮絶な復讐が期待されるが、現実にシタ妻、サレ夫はどう不倫を処理したのか。ドラマよりもえぐい? 現実のサレ夫4人に登場してもらいました!

本当にあったゲス不倫と復讐

 女性向け漫画アプリで累計3億PV超えの大人気不倫漫画『サレタガワのブルー』が、7月より深夜ドラマで放送中。

 誰もが羨む幸せな結婚生活を送っていた夫婦・田川暢と藍子。しかし、愛する可愛い妻が職場のエリート上司と不倫をしていることが発覚。さらに、相手のエリート上司も既婚者で、まだ幼い子どもがいるというゲスっぷり。不倫相手にのめり込み、どんどん本性を現し始める藍子に対し、不倫“サレタガワ”の暢が、復讐を決意し実行していくストーリーだ。

 漫画やドラマの中であれば一種のエンターテイメントとして楽しめる内容だが、こういったドロドロの不倫・復讐劇は現実でも少なくないという。

「私の元へ相談にくる方は男女の割合でいうと半々くらいです。ドラマと同じように、“サレタガワ”である旦那さんからの相談も、最近は増えていますね」

 そう話すのは男女問題研究家として、これまでに7000件を超える相談を受けてきた露木幸彦さん。その中から4つ、ドラマと同じく妻が不倫“シタガワ”のエピソードを紹介する。

性行為の動画を間違って子どもが……

 職場は、不倫関係を持ちやすい場所として上位にランクインする。30代半ばの夫婦は、携帯の操作をうっかり誤ったことで妻側の不倫が発覚。

市立病院に勤める看護師の奥さんが、同じ職場の医師と不倫していたケースです

 2人は外科で、同じ手術に入ることも多かったとか。

行為中の動画を子どもに見られてしまった(イラスト/こうき)

不倫男性は行為中のハメ撮りが好きだったようで、卑猥な写真を自分の携帯端末に残し、看護師とも共有していました。その写真データを奥さんが誤って、子どもに使わせているお古の携帯と同期してしまったんです

 そんなものを見てしまった子どもの気持ちは、察するに耐えない……。わが子の携帯で自分の妻の不倫を知った会社員の夫は、すぐさま病院の職員課に相談。

事の経緯を説明し、別れてくれないので困っていると。その際、“うちの妻は断っているのだが、相手がしつこく誘ってくる”というような言い方をしたと聞いています

 市立病院ともあれば、そこで働く職員は地方公務員。事態を重く見た病院側と市が、不倫相手の男性を別地方の病院へ異動させた。2人の接点を完全になくすことで、夫の復讐は成功したそう。