誰もが1度は見たことがあるだろう『刑事ドラマ』。バディもの、組織としての群像劇、“一匹オオカミ”の活躍。これまでに放送された数多い作品の中であなたの心に残る刑事モノは、どれですか?

心を動かした「刑事ドラマ」ランキング

 いつの時代も“テッパン”の人気を誇る刑事ドラマ。日本では、1957年に放映された『ダイヤル110番』(日本テレビ系)が刑事ドラマの第1号だ。それから60年以上、シリアスな作品、アクションが激しい作品、はたまたコミカルなものと、さまざまに形を変えながらこのジャンルは現在へと続いている。

 今回、自分の中の“伝説の刑事ドラマ”について40代・350人、50代・350人、60代・300人、男女比が200対800の合わせて1000人にアンケートを実施。各世代別のランキングはどんな結果に!? あなたの“伝説”は何位ですか?

◆ ◆ ◆

 40代で1位となったのは『あぶない刑事』(日本テレビ系)。'86年10月から'87年9月まで放送され、翌年には『もっとあぶない刑事』が続編として登場。スペシャルドラマや映画にもなった、人気シリーズ。

『あぶない刑事』

絶対ありえないだろう、という展開。バブル時代を象徴するようなコミカルさが好きです」(東京都・48歳男性)

登場人物のキャラが面白かった。セリフも軽快で、テンポもよく、楽しめた」(北海道・49歳女性)

笑いあり、涙あり。そんな中でも光るのが、ワイルドな銃撃シーン。大好きです」(東京都・42歳女性)

アクションシーンがカッコよく、舘ひろしが演じているタカと、柴田恭兵のユージ、ふたりの主人公のアドリブと思えるやりとりが楽しかった」(大阪府・48歳男性)

 ドラマについてのコラムなどを数多く執筆している田幸和歌子さんは、「40代の1位とは意外」と話しつつ、

「この作品はもう少し上の世代に支持されていると思っていました。リアルタイムで視聴していたメインは50代だと思いますが、3位ですね。再放送と、その後の映画化されたシリーズで下の世代に支持が広がったのでは