新型コロナ感染が拡大する中、東京都に緊急事態宣言が発令されている。しかし、新宿・歌舞伎町の映画館「TOHOシネマズ」の横の通り、通称、トー横には、夏休みということもあり、若者たちが集まる。SNSでは「#トー横」などでつながった若者同士の関係ができる。

 しかし、自殺や事件が報道されたことで、イメージが悪化、「トー横界隈と思われたくない」との呟きもある。

ホームレス男性への暴行容疑で少年を逮捕

 最近では、警視庁が8月23日、傷害容疑で広島市の少年(15)を書類送検した。調べでは、6月、少年らはトー横で路上飲みをし、ホームレスの60代男性に暴行し、ケガをさせた疑い。近くの防犯カメラに犯行が映っていた。少年は「酔っ払って覚えていないが、僕がやった」と供述している。

 ツイッターで拡散された動画では、赤く髪を染めた少年が男性の頭を何度も足蹴りしている様子が映し出されていた。動画には「なに10代とケンカしちゃってるの?」という男性の声や、「○◯(名前を呼ぶ声)、やりすぎ。防犯カメラあるからね」と止める女性の声が入っていた。

ホームレス暴行で逮捕された15歳少年が自身のSNSで拡散した動画。6月中旬からSNS上では話題になり、警察に通報などが相次いでいたという(画像の一部を加工)

 その動画に対して、「ホームレスになら何をしてもいいと思っているの?」などの反応があった。

「彼はトー横界隈では“R”と名乗っていてRくんと呼ばれ人気がありました。暴行のあった6月から逮捕まで2か月間ありましたが“捕まらないよ”などとイキっていました」(関係者)

 夏休み前からは犯罪抑止のため、警察官や青少年センターの職員が平日を含めて、“トー横”の若者たちに声をかけ、帰宅を促している。筆者も取材をすると、「私服警察官ですか?」と聞かれるほどだ。

 一方、「トー横に行きたい」との呟きもあり、今なお、悩みがある若者の居場所でもある。

 大学生のコトリ(仮名・18)はここに来るのは2度目だ。

「きっかけは、友達に、“退屈だからトー横に行こう”と誘われたんです。当時、高校3年生だったんですが、受験や進路のことで悩んでいたんです。『もう、どうなってもいいかな?』と自暴自棄だったんです」

 しかし、しばらくトー横に来ていない。それは、彼氏に『行くな』と言われているからだ。この夜、来たのは偶然で、その彼氏と待ち合わせだったためだ。