「作っちゃったよ、マイナンバーカード。だってね、今もう3人に1人が持ってるって言うから」(佐々木蔵之介)

「そろそろ私もマイナンバーカード……」(田中みな実)

 総務省は現在、『マイナンバーカード普及促進キャンペーン』として多数のCMを打っている。普及してほしいモノのはずなのに、普及しそうにないネガティブなワードを連想させる『マイナちゃん』なるキャラクターを使い、《え?まだ?》《そろそろ、あなたもマイナンバーカード》と訴求している。

「詐欺と同じやり口では?」

 CMには、冒頭の佐々木蔵之介や田中みな実、そして黒柳徹子が起用されている。黒柳のテレビCMは、楽屋と見られる部屋で男性(かつて『ザ・ベストテン』で司会として共演していた久米宏ふう)と向き合いマイナンバーカードについて話すというもの。

マイナンバーカード? もちろん作りましたよ

あなた、デジタル苦手だもんね。そういう人こそ作ったほうがいんじゃない? だって便利なのよ

(スマホを見せながら、自身もデジタルに疎いことを示すように)あなたこれ、わかる?

マイナンバーカードのCMに出演している面々(総務省HPより)

 同様にラジオCMでは、

私、よくわからないんですけど、これ(マイナンバーカード)作ったら日本のデジタル化に乗り遅れないですむって言われたんで作りました

 新聞広告では、

デジタルとか、よくわからないじゃない。そういう人こそ早く作ったほうがいいのよ

 そう黒柳はCM中に話している。これらについてネットでは……。

《いま、ラジオCMで黒○徹子さんが「よくわからないけど、デジタルの時代が来ているから、私みたいな年寄もマイナンバーカード作ったほうがいい」って内容を言ってたよ。それさあ、完全に詐欺師というか情弱の売り文句と同じなんですよ。。。》

よくわかってない人ほど作った方がいい」は詐欺の手口にもありがちな文句な気もするから、ちょっと不安になる…(マイナンバーカードのCM)》

《黒柳徹子さんのマイナンバーカードのCMが詐欺に騙されている人っぽくなっていてぞわぞわしたり。マイナンバーカードについての詐欺メールとかが乗っかりやすそうでもあり》

《ラジオで詐欺への注意喚起CMの後に流れた、マイナンバーカード推進広報がまんま詐欺被害者。還付金と云われてATMに来た人やん…》

「わからないけど作ったほうがいい」と、88歳という後期高齢者にあたる黒柳にこのようなセリフを言わせるCMに、不安や疑問、批判の声が寄せられている。