「ほら川合、行くよ!」

 女性警察官が笑顔で、不安そうな表情を浮かべる新人警察官を激励する─。

 7月期に放送されたドラマ『ハコヅメ~たたかう! 交番女子~』(日本テレビ系)のワンシーンだ。このドラマで、戸田恵梨香は、新人役の永野芽郁をサポートする警察官役を演じた。だが、いまの戸田はこの役柄のように、元気いっぱいとは言い難い。

「一部のメディアが、戸田さんが来年の連続ドラマと映画の2作を降板したことを報じたんです。その理由が精神的な不調によるもので、病状によっては長期休養になる可能性があるといいます」(テレビ局関係者)

 戸田は'19年にNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインを務め、今年1月期の『俺の家の話』(TBS系)、7月期の『ハコヅメ』など、多くの人気作に出演した。

 降板したドラマも、人気作になると期待されていた。

「火曜の午後10時枠に放送されるTBS系のドラマに出演予定でした。この枠は、『逃げるは恥だが役に立つ』や『恋はつづくよどこまでも』など、多くのヒット作を出しています。今回も恋愛ドラマで、戸田さんは主演を務める予定でした。田中圭さんや磯村勇斗さんなど、旬の俳優の出演も決まっていましたね」(同・テレビ局関係者)

水川あさみの不可解な発言に

 私生活では、昨年12月に松坂桃李と結婚。明るい性格で友達も多く、プライベートも順風満帆に見えたが、“親友”との関係に変化が─。

水川あさみさんとの間に“距離”ができていたんです。2年ほど前から、会うことはもちろん、ほとんど連絡もとらなくなっていたそうです」(戸田の知人)

 戸田と水川は、これまで目立った共演はないが、親交が深かった。

6年ほど前に共通の友達を介して仲よくなったんです。ふたりとも関西出身で、サバサバした性格なので気が合ったのでしょう。お互いのインスタグラムでも、2人で食事をしたり、誕生日をお祝いする写真を投稿していましたね」(同・戸田の知人)

水川あさみ

 水川は'19年に窪田正孝と結婚。家庭を持てば、独身時代のように気軽に会いにくくなる。結婚したことで疎遠になったのだろうが、“距離”ができたのにはこんな理由が。

ここ数年で、水川さんの言動が変わったことも原因のようです。彼女は“コロナは陰謀だ”“肉はやめて酵素が含まれるものを食べたほうがいい”など、不可解なことを口にすることが増えたんです。戸田さんは、そんな彼女を避けるようになったんです」(同・戸田の知人)