10月28日、あの木下優樹菜がついにYouTubeチャンネルを設立した。はじめて投稿された動画のタイトルは《今回の報道について》。‘19年に発覚、裁判にまで発展した『タピオカ恫喝騒動』の判決がニュースになったのを受けてアップロードしたもののようで、そこには白いシャツに身を包み、まっすぐカメラを見つめる彼女の姿が──。

「10月27日、木下さんの実姉が働いていたタピオカ店の店長に送りつけたインスタグラムのDM(ダイレクトメッセージ)が『脅迫』と認定され、40万円の損害賠償の支払いが命じられることに。木下さんは動画の冒頭で“脅迫という結果になり、それを真摯に受け止めています”と声を震わせ、泣いているような仕草をみせていました。しかし、そのコンテンツは高評価が5000ほどに対し、低評価は2万4000件(29日現在)がついています。

 騒動以降も“緊急事態宣言下でのバーベキュー”や、“イケメンJリーガー・三幸秀稔(湘南ベルマーレ)とのラブラブ交際”などを平然とインスタにアップしていたのもあり、このタイミングでの謝罪は世間にとっても“今更感”があるのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

交際相手の三幸秀稔とは半同棲で

 そして、動画のなかで木下は今後の活動についても言及している。自分には“タレント業しかない”と断言しつつ、このような決意表明も。

娘たちのためにも働きたい。働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまたイチから活動させていただきたいと思います

 また、苦悶の表情を浮かべながら「何もなかった2年間、子どもたちにもすごい支えてもらって。母親として悪いことは悪いと認め、娘たちに恥ずかしくないよう生きたいと思いました」とも告白。“娘”の存在の大きさを主張していた。現在の木下と娘の関係はというと、

三幸秀稔選手(『湘南ベルマーレ』公式HPより)

もちろん親子は仲良しですが、それに加えて9歳の長女と5歳の次女はもうすっかり、今カレの三幸さんに懐いています。サッカーをして遊んだりもするそうですよ。木下家への出入りも頻繁でもはや半同棲状態。ついこの間もハロウィンの話題で盛り上がったんだとか。お互いのインスタで交際を匂わせ続けるのはちょっとどうかと思いますが……(笑)」(日本プロサッカーリーグ関係者)

 判決の出る一週間前の20日にも、木下は三幸と娘たちから“クモのおもちゃ”を使ったいたずらを受けていたことをインスタで報告していたが、その一方で元夫のフジモンこと藤本敏史も娘と深い交流を持っていることが報じられている。