「監督ってみなさん言わないで。“ビッグボス”で」

 就任会見に集まった報道陣に、そんな本気とも冗談ともつかない“お願い”をしたのはプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新監督に就任した新庄剛志。阪神タイガースでプロデビュー後、「どうせ通用しない」という反対の声を押し切ってアメリカへ渡り、メジャーリーグで活躍。’04年、「札幌ドームのスタンドを満員にする」と弱小チームだったファイターズに電撃入団すると、3年でチームを42年ぶりのリーグ制覇&日本一に導いた“記録よりも記憶に残る”選手だった。

現役時代の新庄剛志('04年・沖縄キャンプ)

元祖“二刀流”

「敬遠のボールをサヨナラヒットにしたり、ピッチャーとの“二刀流”に挑戦したり、オールスターゲームでホームスチールを成功させたり、とにかく誰も想像しないような華やかなプレーをやってのけるんですから。奇抜なパフォーマンスもあいまって、北海道で一大フィーバーを巻き起こしました。札幌で行われた日本一の優勝パレードには新庄見たさに14万人もの大観衆が集まったのは、今でも語り草。まさに入団時の宣言を有言実行したんです」(スポーツ紙記者) 

 今回の電撃就任は、その新庄人気にあやかりたかった球団側の思惑が働いた格好なのだが、監督就任の一報には番記者ですら当初は半信半疑だったという。

「いや、正直“まさか”でした。7月ごろから“新庄監督”の噂はあったんですが、いくら人気者とはいえ、コーチの経験すらいっさいない人をいきなり監督にするのはありえないだろう、と。それ以前に“宇宙人”とまで呼ばれた球界一の変わり者の新庄さんに、監督が務まるのかっていう……」(別の記者)

 そう苦笑いするのも無理はない。新庄のこれまでの言動はあまりに破天荒すぎるのだ。