2人の“母親との懐かしき思い出”

──母子の物語ということで、おふたりは母親とどんな思い出があります?

加賀 私はかまってもらった覚えがあまりないです。さっさとおむつ離れをしたりと、赤ん坊のころから楽な子だったらしいんです。小学生になってもひとりで電車通学して。タクシーの初乗りが70円だったから、いつも100円握って、ここで70円から上がるから降りようとか、この古本屋のおじさんは長く立ち読みしても怒らないとか(笑)。母に教わったわけじゃなく、なんでも自分で開拓して覚えてたの。

塚地 そうなんですね。

加賀 いまでもそう、自分で開拓するのが好き。だから、母が教えてくれたのは世の中は怖くないってことかな。何でも怖がるな、臆するなってね。

塚地 うちは父親が厳格だったので、それについていっている母だったから、この世界に入るときは大反対でした。父親は激怒するし母は泣いて“やめてくれ”みたいな。

加賀 たいがいのご家庭はそうよね。

塚地 勘当みたいな形で東京に出てきたんですが、少しずつテレビに出るようになると親の考え方も変わってきました。父が他界していま母は1人で住んでいて、近所に住む僕の弟家族の家をリフォームするから一緒に住んでという話をしています。でも、父が建てた家だから最後まで守るって言うんですよ。やっぱり母は強いっすね(笑)。それを言われたら無理に引っ越せとも言えないですし、夫婦の絆の強さを感じました。

あなたを落とすのは簡単ね(加賀)

──忙しい日々を送っているかと思いますが、私生活ではどんなことをするのが好きですか。

加賀 やっぱり美味しいものを食べること。お蕎麦(そば)が好きで美味しいお店があると電車を乗り継いで行っちゃう。あとラーメンとか麺類全般が好きですね。

塚地 僕も同じく食べているときですね。いちばん好きなのはエビフライです。

加賀 あら、そう。あなたを落とすのはずいぶん簡単ね。エビフライを食べさせればいいんだから(笑)。

塚地 アハハ! でも、コロナ禍になる前は、地方を旅してそこの名物を食べたりするのが好きで、よく行っていました。この前、三重県の鳥羽でサワラ漁のロケをやったんですけど、釣ったやつを居酒屋さんにさばいてもらって食べたら美味しかったですね。

加賀 いちばん贅沢(ぜいたく)じゃない。そういえば撮影中は行けなかったけど。終わってから1回食べに行ったよね。

塚地 はい、蕎麦美味しかった~。またぜひご一緒したいです。

【ナイショ話】こんな“バカ”やっちゃいました!

加賀「宝石とか時計とか、ゴルフの会員権とかバブルでみんなが熱狂していた当時、いろいろ買ってしまって。いまにして思うと、なんでこんなもの買ったんだろうと。次に店に来たときになくなっているかもしれないので、一目惚れしたらつい買ってしまうんです。いまはもう全然買いません。ハンドバッグとか当時買ってしまったうんざりするような品々を見て、もう絶対に買うまいと思っています(笑)」

塚地「夏は胸ポケットのついた白地のTシャツが好きで、いま着ているのに服屋さんで見つけると同じタイプのものを買っちゃうんですよ。色違いとか買えばいいとは思うんですけど、白ばかりで部屋に10着くらいおんなじようなTシャツがあります(笑)。仕事現場とか、僕の中では毎日違うものを着て行っているんです。でも、よく会うスタッフさんとかに“また同じ服着てる”って思われているんじゃないかと思います(笑)」

『梅切らぬバカ』シネスイッチ銀座ほか全国公開中/配給:ハピネットファントム・スタジオ (c)2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト
【すべての写真を見る】加賀まりこ・塚地武雅のほっこりアザーカット

初出:週刊女性2021年11月30日・12月7日合併号/Web版は「fumufumu news」に掲載

撮影/伊藤和幸 ヘアメイク/野村博史、福島久美子(加賀)、石井織恵(塚地) スタイリスト/飯田聡子(加賀)、森下彩香[ニューメグロ衣裳](塚地) 衣装協力/KEI Hayama PLUS(加賀)