元SMAPでオートレーサーの森且行が芸能界引退後、初のスタジオでのラジオ出演を果たし、話題を集めている。

「11月にSBC信越放送のラジオ番組に兄の久典さんとともに出演。SMAP時代の話から私生活のことまで答えてくれるサービスぶりでした」(スポーツ紙記者)

 昨年11月、オートレースの最高峰レース『SG日本選手権オートレース』で優勝し、悲願の日本一に輝いた森。しかし今年1月、レース中に落車してしまい、現在はリハビリを行っている。

「当初は来年2月の復帰が見込まれていました。しかし、フラッシュバックに悩まされるほどの大事故だったこともあり、回復に時間がかかっている状況です。ラジオでは選手生活25周年を迎える来年7月までには復帰したいと意気込みを語っていましたが、さらに延びる可能性も」(オートレース記者)

 レース復帰はしばらく先になりそうだが、ここ数か月メディア出演が続いている。

「9月にTBS系『あさチャン!』に出演したと思ったら、11月にラジオ出演ですからね。ラジオでは“原動力は仲間である(SMAP)5人の存在。僕も負けていられないと思う”と語っていました。一部では芸能界復帰の布石では? との声もあがっています」(前出・スポーツ紙記者)

草なぎから連絡が来た

 11月12日に公開された、民間投票サイト『Gamboo』のYouTube動画でもSMAPトークをキレキレで話していた森。

森且行は『72時間ホンネテレビ』(2017年)で新しい地図と共演。これを機にジャニーズネタを解禁した

「草なぎ剛さん、香取慎吾さんのYouTubeをよく見ているとか。オススメの映画を聞かれ、“つよぽん(草なぎ)の映画。見終わったあと、つよぽんから連絡が来てびっくりした”と普段から交流があることを明かしていました」(アイドル誌編集者)

 しかしオートレース関係者は、森のメディア出演ラッシュの理由をこう明かす。

「入院中に暇すぎて、大好きな競馬やボートレースにスマホで投票していたところ、普段の2年分負けてしまい、お金に困っていると動画で明かしていました。選手はレースに出ないと無収入なので、1年近く走れていない彼の懐事情は厳しいと思いますよ」

 そうはいっても、お金のためだけでもないようで……。

「新型コロナの感染拡大でおうち時間が増えたことで、スマホで購入できる公営競技の売り上げは軒並みアップしていましたが、感染者の減少とともに売り上げも減ってきています。大好きなオートレースを盛り上げるため、広報活動も兼ねているのでしょう」(同・オートレース関係者)

 オートレースを統括する公益財団法人JKAに森の復帰時期について確認すると、

「復帰の時期は、現在未定です。選手は個人事業主なので、芸能活動など副業に関しては本人に任せております」

 オートレースに復帰してからもメディアへの出演は続けてほしい!