「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第68回 三田寛子

「妻であることが仕事」な人たちがいます。夫が出世して“賢夫人”という称号を得る妻のことで、大リーガーやオリンピック選手などのアスリート、政治家、歌舞伎俳優の妻が代表的です。

 夫の社会的なポジションが上がれば「いい奥さん」と褒められる一方で、なにか不祥事があれば「オンナが至らない」とか「さげまん」と理不尽な責められ方をされてしまうわけですが、企業などで女性の昇進が難しい日本において、優秀な男性の妻になることは一番簡単な“出世”の手段ともいえるわけです。ですから、この手の妻業にあこがれる人はいるのではないでしょうか。

心底呆れた中村芝翫の申し開き

 歌舞伎俳優・八代目中村芝翫の妻で、女優・三田寛子は言うまでもなく、「妻であることが仕事」であるうちの1人です。2016年に夫と3人の息子、計4人の男たちが名跡を襲名しましたが、これは長い歌舞伎の歴史の中でもまれに見る慶事だそうです。「妻であることが仕事」の人は、夫や子どもの社会的ポジションがすなわち自分の立ち位置ですから、三田サンは梨園一の賢夫人という称号を手にしたのでした。

八代目中村芝翫(右から2番目)を襲名。妻の三田寛子は3人の息子をもうけた

 しかし、「好事魔多し」といいましょうが、こういう時ほど悪いことが起きるものなのかもしれません。芝翫襲名直前の2016年に、夫は京都の芸妓さんと、さらに2021年の1月にファンの女性との不倫を『週刊文春』に報じられています。これだけでは終わらず、昨年の末、『NEWSポストセブン』に、公演先の京都で知人男性を交えて女性と会食し、夜更けに女性の部屋を訪れていたことが報じられたのでした。

 度重なる不倫疑惑もさることながら、私が心底呆れたのは、芝翫の申し開きなのでした。

『ポストセブン』に直撃された芝翫は、女性の部屋を訪れた理由を「薬をちょっと頂戴してね、胃薬を。ほんのちょっと、胃が悪かったから」と釈明しています。さらにスポニチアネックスの取材に対し、女性の部屋には「薬をいっぱい持っている別の男性がいた」ので、その男性に薬をもらうために訪れたと不倫を否定しています。

 薬をもらうなら、ほんの数分の接触で済むでしょう。50代で分別ざかりの芝翫が、こんなヤバいことを平気で言ってのけるのは、逆に言うと、三田寛子を始めたとした周囲が手を尽くして芝翫を守ってきた、もしくは尻ぬぐいをしてあげてきたことの表れなのではないでしょうか。