2022年1月クールは、ジャニーズが出演するドラマが多数放送中。また先日、人気ドラマシリーズ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)の続編が2022年4月に放送されることが決定。5代目金田一一役になにわ男子の道枝駿佑(19)が選ばれ、Twitterのトレンドを賑わせた。

 この他にも、3月放送のWOWOWオリジナルドラマ『青野くんに触りたいから死にたい』にSexy Zone・佐藤勝利(25)、4月スタート『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)にSixTONES・松村北斗(26)、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』に嵐・松本潤(38)が出演するなど、ジャニーズが出演するドラマが絶えない。

 そこで今回、「演技が上手いと思うジャニーズは?」と題したアンケートを実施。10代〜70代の男女1000人に回答してもらった。

第10位:堂本光一(KinKi Kids)/16票

ミュージカル『ナイツ・テイル 騎士物語』での堂本光一('21年10月)

 第10位は、堂本光一(43)。ジャニーズ事務所に入所し、堂本剛とKinKi Kidsとしてデビューしたのが1991年。その翌年の1992年に映画『200X年・翔』で俳優デビューを果たした。

 そして2000年に『MILLENNIUM SHOCK』で、帝国劇場最年少座長(当時21歳)に抜擢。これ以降、『SHOCK』は光一主演で毎年行われており、2020年には20年間シリーズをけん引してきた功績が認められ、第45回菊田一夫演劇賞大賞を個人で受賞した。

 集まったコメントも『SHOCK』での演技を見ての感想が多数。

「SHOCKの舞台を観てそう思う」(60代・女性)
「舞台で活躍しているから」(30代・女性)

第9位:松岡昌宏(TOKIO)/22票

'20年、長瀬智也退所について直撃を受ける松岡昌宏

 2021年4月にジャニーズグループの関連会社「株式会社TOKIO」を立ち上げ、タレント活動だけでなく、取締役副社長・広報担当も担うこととなった松岡昌宏(45)が第9位に。松岡はTOKIOを結成する前に、1990年『愛してるよ!先生』(TBS系)で俳優デビューを果たしている。

 その後も多数のドラマに出演し、さまざまな役柄を演じてきたが、視聴者に大きなインパクトを与えたのは2017年『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)だろう。女装した大柄な家政夫・三田園薫に扮し、派遣先の内情を覗き、秘密を暴いて家庭を崩壊させ、そして再生へと導いていくという強烈な役を演じた。

「色々な役柄で演技できるから」(60代・男性)
「真から登場人物に成りきり迫力が会って演技に入り込んでいる!」(60代・女性)

第8位:井ノ原快彦/23票

井ノ原快彦

 第8位にランクインしたのは井ノ原快彦(45)。井ノ原もV6としてアーティストデビューする前に俳優としての活動を始めた1人で『湘南ペンション通り』(TBS系)に出演している。

 そんな井ノ原は、あまりドラマ出演は多くないものの、テレビ朝日の人気シリーズ『警視庁捜査一課9係』の続編『特捜9』で主演を務めるという安定の代表作が。もともと渡瀬恒彦さん(享年72)が主演を務めていた頃から「9係メンバー」として出演しており、渡瀬さんの死去を機にタイトルを改め、井ノ原主演で再スタートを果たした。

「特捜9などシリーズで長く続けているので」(50代・女性)
「刑事ドラマを見ていて、演技から優しさが伝わってくる。安心して見られる」(15歳以上の10代・女性)