「“禁断”という言葉に、人はちょっとしたエロスを期待しますよね。“禁断のラブストーリー”を描いた今回のドラマは、そう期待していただいていい作品だと思います。ひとつひとつのストーリーを丁寧に紡いだオムニバスドラマになっていて、特に女性の方は共感する部分が多いはずです」

 2月14日から全世界独占配信されるNetflixシリーズ「金魚妻」。同名の大ヒットコミックを原作に、下町に隣接する高層マンションに住む妻たちの禁断の愛を描く作品で、夫からのDVやモラハラを受けて苦しむ主人公の平賀さくら(篠原涼子)に手を差し伸べる金魚屋の春斗を岩田剛典が演じている。

台本にないのに脱いだことも

「ドラマ前半の春斗は、さくらにとって深い闇の中に差す一筋の光。王子様のような存在に見えるよう演じました。彼女の家庭環境を知り、守ると決めて行動する春斗ですが、実は彼自身も葛藤を抱えている。後半にかけてどんどんシリアスなトーンになっていくので、最初は明るく、楽しく。ただ、さくらを見つめる目線やセリフがないところの表現で、しっかり後半につなげていけるようにということは意識しました」

岩田剛典(32) 撮影/渡邉智裕

 地上波では難しい露出度の高い刺激的なシーンが登場する今作。共演の篠原が「早く見てほしい」と絶賛した岩田の肉体も見どころのひとつ。

「作品に入る前からテーマを聞き、原作も読ませていただいて、ある種、覚悟を決めて参加されているキャストの方がほとんどで、僕もそのひとり。金魚屋の設定で、筋トレをしている描写もないので、身体づくりはほとんどしていないですね。ムキムキでバキバキだと、逆にストーリーが入ってこないんじゃないかと思って(笑)」

 3月に公開される映画『ウェディング・ハイ』の完成披露試写会でも、共演の中尾明慶から「岩ちゃんのお尻が、超きれい」と褒められていたが、

「なんか、続いているんですよね。映画では、台本にないのに脱ぐことになったんですけど(苦笑)。作品の自分の身体を、冷静にじっくり見ることができなくて。映像チェックをするときも“もういいです。大丈夫、大丈夫。これで進めてください”って感じで(笑)。でも、きれいなほうがいいのは確か。そう言ってもらえるのは、ありがたいです」