女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を終え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんの感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 ニュースや雑誌などでは「70歳まで働く時代」といわれていますが、体力や気力が続くのか、そもそも仕事があるのか、不安で仕方がありません。年金の受給も遅れるかもしれないと聞くと「これから先どうやって気持ちを保てばいいのか」と心配ばかりが募ります。ひとり暮らしで、親族もいない私は、どのようにモチベーションを保ちながら、これから続く長い人生を生きていけばいいか、ヨグマタさん、ご指南お願いします。(58歳・役所勤務/東京都)

感謝の気持ちと謙虚な姿勢で周囲に「与える人」になりましょう

 人生100年時代といわれていますから、70歳はまだまだ若く、働けるといわれているのですね。ただ、そういわれても、確かに不安だと思います。

 インドでは、すべての人が神を信じています。それゆえ人生の中心軸があり、年をとると、神様に直接会いたいと信仰と修行を重ねます。これはインドの僧侶にあたるブラフマンの生き方を手本にしています。

 インドの人々は人生を「学びの時期」、「社会に学ぶ時期」、「自己探求する時期」、そして「人生を達観してみんなに尽くす時期」と4段階に分け、生涯希望を持って生きます。

 この4段階は、今の時代にぴったりです。昔と違い、みんなただ生きるためだけでなく、成長をしたいのです。

 物やお金がたくさんあって物質的に満たされても、年老いて最後は体力も気力もなくなり、不安になります。家族がいても同じです。常に信仰を持ち、生きる真の目的を持つと、安心して人生を歩むことができます。

 ヒマラヤ聖者はその生き方をガイドします。信仰にプラスして、内側を浄める瞑想を伝授します。それは自分だけでなく、みんなの幸せを願って生きるということです。

 宇宙のすべての存在はバランスを取り、助け合っています。人間だけが破壊的なのです。人が生まれてきた本当の目的は、最高の人格に成長することです。欲望を満たし、楽しさのみを追求するためではないのです。自分の心と身体を喜び、成長するために磨くのです。

 私の会では悟りを目指して祈りと瞑想、布施と奉仕を行い、みんな幸せです。見た目も驚くほど若々しく、すべてが与えられ命が輝きます。ぜひ信仰を持って瞑想を行い、自分ができることや才能をシェアしましょう。

 慈愛を捧げ、奉仕をして功徳を積むと、心が不動になり安らかになります。祈りと瞑想で内側の神秘の力が目覚め、希望が実現します。

 多くの方が、今の生き方では不安なままですが、瞑想によって運命が変わり、天国への道が開かれれば、安心して仕事をして友とともに生きることができます。それが本質の生き方なのです。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。著書多数。
Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》