「包丁を持った男に襲われた」

 53歳の女性からそんな110番通報があったのは2月12日午後4時20分ごろのこと。

 千葉県香取郡多古町の農道をひとりで散歩中、背後から来た軽乗用車が追い抜いて停車。運転席から降りてきた男が突然、包丁で襲いかかり、女性の顔面や胸部などを刺した。

 女性が必死に抵抗すると、男は車で逃走。捜査に着手した県警香取署は約30分後、女性が覚えていた車のナンバーなどから隣接する成田市内を走行する当該車両を発見し、職務質問。女性を襲った事実を認めたことなどから運転していた多古町の農業・阿天坊(あてんぼう)翔也容疑者(29)を殺人未遂の疑いで逮捕した。

 女性は刺し傷のほか、抵抗した際に殴られるなど打撲や挫創を負う全治3週間のケガ。香取署によると、阿天坊容疑者と女性に面識はなかった。

田んぼのど真ん中、わいせつ目的で襲った

「凶器に使われた文化包丁は刃渡り約17.5センチメートルのごく一般的なサイズで、被害女性が抵抗した際に刃は付け根で折れた。刃は犯行現場に落ち、柄の部分は逃走中に別の場所に捨てている。わいせつ目的だったとうかがわせる供述もしているが、犯行動機については慎重に調べている」(捜査関係者)

 現場の農道は田んぼのど真ん中。四方は見渡すかぎり田んぼが広がり、犯行の目隠しになる障害物はない。犯行と同じ時間帯に歩いてみると、農道を通る車や人はいなかったものの、薄暮前で明るく大胆な犯行に思えた。田んぼの周囲を走る生活道路は交通量が多く、遠くから犯行を目撃されても不思議はない。道端にはタンポポなどが咲き、散歩コースとしてはのどかで魅力的だ。

 現場近くの女性住民はこう打ち明ける。

「事件の約30分前、私も犬の散歩で同じ農道を通っている。道幅が広く砂利などを敷き詰めているので歩きやすく、散歩する女性は少なくない。ちょっと時間がずれていたらと思うと怖い」