女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を終え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんの感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 どうしても合わない3歳年上の先輩女子がいます。自分なりに彼女とうまくいくように努力をしてきたつもりなのですが、なかなか受け入れてもらえず……。彼女が仕事やプライベートでうまくいかないと当たられている気もするし、ほかの後輩を可愛がることで、私1人疎外感を味わわされている気もします。こんなことが続き、周りの人からも同情されています。どうすれば、先輩とうまく付き合っていけるでしょうか。(27歳・PR会社/神奈川県)

苦手な先輩の幸せを祈ることで自分自身が変わり愛の人に

 あなたは無意識に彼女を恐れ、心と感覚が敏感になっているのでしょう。彼女に受け入れられなかった体験などが、心の深いところに記憶され刻まれて、あなたが彼女を思うたびに記憶が刺激され、反応していろいろと思いが湧くのでしょう。

 心には磁石のように感情を引きつける働きがあり、相手を「苦手」と思うと、相手の中にある同じ波動にもスイッチが入ります。これらを脱却するにはネガティブな心を中和しないと変わることができません。

 よくある解決法だと、何かを信じ込んだり、悩みの一部だけを癒すだけなので、再び悩むことになります。私は究極のサマディを成就したので、人の源の力を目覚めさせ、根本的に生まれ変わらせる力を得ています。

 具体的にはサマディからの高次元エネルギーの祝福によって心身を浄めて生まれ変わっていくということです。そのほかヒマラヤシッダー瞑想を伝授し、生命力と愛と叡智が目覚める最高の人間に導きます。そして私の道場にいらっしゃることがあれば、祝福や瞑想であなたの心を浄化します。すると、いま抱えている苦しみの回路が溶けて楽になります。

 また、ぜひ幸せ祈願を私のもとに出してください。ヒマラヤ聖者の祈りはサンカルパという神のレベルの祈りになり、願いが神に届けられ、心が軽くなります。

 日常生活でどう振る舞えばいいかのヒントは、先輩への嫌悪や恐れではなく、苦しいけれどもこれは学びをいただいていると考え、相手のいいところを思って感謝をします。また、気にするアンテナを引っ込めて、鈍感になりましょう。心をゼロにして、できるだけ彼女を思わないようにして、仕事に真摯に取り組んで、集中しましょう。余計なことを考える暇がなくなります。

 そんな中で相手のあるがままの姿を受け入れ、先輩のリアクションを期待せず尊敬の気持ちを持って、謙虚に振る舞います。そうしていると何かが変わり、先輩の長所も見えてくるかもしれません。

 相手のことは変えられません。あなた自身が変わるしか方法はないのです。愛の人になってください。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。著書多数。
Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》