マイホームパパ、銀行員、象やカワウソetc……演じることができない役はないというくらい、さまざまなキャラを演じてきた古田新太。演技に対する考え方、自身が語った“60歳定年”の真相など人気俳優のウラ側に迫ります!

古田流・子役との向き合い方

もともと『デトロイト・メタル・シティ』が大好きで、この原作も知っていました。だけど漫画の内容が内容なだけに、どこまで再現するのかなと……

 ニヤリと笑いながら、こう話すのは、古田新太(56)。映画でもヒットした『デトロイト・メタル・シティ』で知られる、若杉公徳の人気漫画を実写化した映画『KAPPEI カッペイ』で古田は、伊藤英明演じる主人公・勝平らを指導する師範役で出演している。

 山本耕史、小澤征悦、大貫勇輔ら個性派スターが作品をにぎわせている中でも異彩を放っている彼。現場でのウラ話から、自身が考える役者像まで語ってもらいました!

大人キャストは古い知り合いばかりだから楽しみにしていたけれど、残念ながら現場では彼らとほとんど会えずじまいでした

 師範の出番は少年たちの特訓シーンが中心で、撮影は大半が子役相手のスタジオ収録。現場ではさぞ子どもたちに懐かれたと思いきや─。

おいらは子役が苦手で……

 と歯切れが悪い。

古田新太

話が通じないじゃないですか。ちょっと優しくすると大人はみんな子どもが好きなんだと思って調子に乗る。だから距離を取ります。現場ではほぼしゃべらないですね(笑)

 とは言うものの、撮影時は子役たちに助言を与えるなど、映画同様、よき師範の一面も。

子どもに役の気持ちがどうこう言っても通じない。だから彼らにはテクニック的なことだけ伝えます。例えば間の取り方にしてもそう。

 こっちのセリフが終わった途端すぐしゃべろうとするから、“そうじゃない、セリフを言う前にまず一度大きく息を吸いなさい”と教えます。その結果、自然と師範の前で緊張している演技になるんです。そこまでいちいち子どもに説明はしないけど、勉強にはなっているんじゃないですか。実際喜ばれますよ、いい子役にはね(笑)