「逮捕されて“やっぱり、こうなったか”と思いました。なにしろ“カントク”として評判の悪かった人物なので」

 と容疑者を知る映画製作関係者は打ち明ける。人気映画監督・榊英雄による女優への“性行為強要”報道が過熱する中、同じような手口でわいせつ行為を行う“カントク”が存在した。

 映画の出演者を選ぶオーディションを装い応募してきた20代女性にわいせつな行為をしたとして警視庁池袋署は2月28日、強制わいせつの疑いで東京都練馬区石神井町の無職・吉岡康成容疑者(52)を逮捕した。

 1月25日午後6時ごろ、映画プロデューサーと名乗って被害女性に濃厚なキスシーン入りの台本を手渡し、「自分が相手役をします」と言ってキスをしたり、胸や下半身を触った疑いが持たれている。

 警察の取り調べに対し、

「そんなことはしていない」

 と容疑を否認している。

 冒頭の映画製作関係者は、容疑者が無職になる前を知る証言者のひとりだが、まずは犯行の手口を詳述したい。

 社会部記者の話。

「インターネットの掲示板に映画キャストのオーディション開催を告知。『海外映画祭で受賞実績のある映画監督が担当。クランクインは2022年4月、都内』と書き込み、そこに応募したのが俳優志望の被害女性。書類選考通過のメールを受けて当日、関西地方から上京した女性は東京・池袋駅近くの会場に到着。そこはレンタルルームとして貸し出されたマンションの一室で、ほかにスタッフの姿はない。異例のマンツーマンでオーディションは始まった」

 女性が渡された紙1枚の台本のタイトルは『教室』。

設定は“小・中学時代の同級生男女の再会”

 小・中学時代の同級生男女が再会し、母校の教室で秘めた想いを告白し合う容疑者自作のラブストーリーだ。

吉岡康成容疑者が犯行に使った台本(茜と淳は小・中学の同級生という設定、原文ママ、カッコ内は編集部)

 男性がキスを迫ると、女性はビンタ。呆然とする男性に「遅いよ」などと言いつつも、

《見つめ合う二人。二人は激しくキスをする》

 と都合よく展開する。

「最初は被害女性ひとりで2回演じさせ、3回目以降に相手役を買って出て何度もキスシーンをさせた。女性が映画監督の名前を尋ねると、合格者でなければ教えられないと答えたため、不審に思って警察に相談した」(前出の記者)

 捜査当局は防犯カメラの映像などから吉岡容疑者を特定。ほかにも同様の被害相談が寄せられており、余罪の可能性も含め関連を調べている。

 容疑者宅からは類似の自作台本が多数見つかったという。