「講義と講義の間だったと思うんですが、容疑者に声をかけられました。“いいじゃん、いいじゃん”と馴れ馴れしく……」

 信州大学に通う女子学生Aさんは、容疑者の強引なナンパに辟易したという。

 長野県警小諸署は16日、同県松本市の学生・中村優志容疑者(22)を強制性交等致傷の疑いで逮捕した。10月3日、中村容疑者は同県小諸市の宿泊施設で10代女性に対し、性的暴行を加えてさらに傷害を負わせたというのだ。

研修中に起こした“性的暴行”事件

「容疑者は国立信州大学医学部の学生。小諸市の病院でひと月ほど、医療実習を行っていたときの犯行だった」(全国紙社会部記者)

 捜査関係者は、容疑者と被害者は初対面ではなく面識があったという。

「事件直後、被害者の関係者によって被害届が出されたため、捜査をして逮捕に至ったわけです。強制性交等致傷とは性交時に被害女性に外傷等を負わせたというもので、凶悪な犯行と言えます」(捜査関係者)

 容疑者は18日にすでに送検されたが、容疑についての認否は明らかにされていない。
 
『週刊女性PRIME』はこの事件について、すでに26日配信の記事で報じていた。中村容疑者は医学を学ぶだけではなく、信州大学の野球部にも所属していた。現在は閉鎖されている同部ホームページでは、容疑者について

《信大の残念なイケメン代表。細い体からは想像できない速球を投げるエース候補。試合での活躍が楽しみな選手の1人》

 と評されていた。

 国立大学医学部に在籍し、スポーツ万能で、しかもイケメン。三拍子揃っていた容疑者。今回、容疑者の“ウラの顔”に近づく新たな情報を入手した。