今年デビュー40周年を迎える小泉今日子。可愛いだけでなく、カッコよさも持ち合わせるキョンキョンは、男性からも女性からも高い支持を受けてきた。そんな彼女に猛烈な憧れを抱く女性のうちのひとり、さとう珠緒が語る、アイドル・小泉今日子の魅力、そして念願の共演を果たした際の“大後悔”エピソードとは?

個性的なキョンキョンに刺激されて…

「小泉今日子さんは、当時のアイドルの中で一番個性が光ってて。今の時代はSNSとかありますけど、そういったものがない時代でも彼女の感性は十分伝わってきていました」

 アイドル時代の小泉をそう振り返るのは、ファンを公言するさとう珠緒。

「オシャレ度、カッコよさはズバ抜けてました。印象的なのが、『クノールカップスープ』のCM。普通のパジャマ姿なのに、特別にあつらえた衣装に見えたんですよ〜! あとは、やっぱり『木枯しに抱かれて』の衣装。タータンチェックの服や黒のベレー帽は、本当に可愛かったですね」

'86年にリリースされた20枚目となるシングル『木枯しに抱かれて』は高見沢俊彦による作詞作曲も話題に

 小泉のファッションセンスに魅了された珠緒は、彼女の影響を大きく受けながら青春時代を過ごした。

「『Olive』とか『宝島』とか、少しサブカル寄りのファッション誌が好きだったんですけど、それもキョンキョンの影響。個性的なキョンキョンに刺激されて、自分も個性を磨きたいって。ちょっと背伸びして難しい小説を読んだり、単館系の白黒の映画を観に行ったりもしました。

 『CUTiE』で、クラブにいるオシャレな女の子のファッションを紹介するコーナーがあったんですが、そこに、キョンキョンが一般の人たちにまじって載っていたんですよ! プライベートで来ていたんだと思います。そういう裏表がないところにも、好感がもてますよね」

 そんなスターに憧れた少女は、次第にそのファッションを追いかけるように。

「髪型もマネしてましたし、ニーハイソックス、厚底のラバーソール、ツインテールとか、キョンキョンの衣装に似たアイテムを探して買ったりもしました。お小遣いをためてメイク用品を買って、キョンキョンのメイクをマネしたこともありましたね。誰かに見せるためじゃなく、完全に自分の世界(笑)。

 高校生のときは、昼休みの時間にピアノが弾ける友達に頼んで、キョンキョンの曲が弾けるまで何回も教えてもらいました。懐かしいな~!」