「3日前にトルコから帰ってきました。植毛しまして……」

 3月16日、フジテレビ系の『バイキングMORE』に飛び入り出演したいしだ壱成。手術跡が残る丸刈り頭を指差しながら、トルコでのエピソードを興奮気味に話し始めたのだった。

誹謗中傷から植毛手術が実現

「彼は'91年から俳優として活躍していましたが、近年は精神的な不調もあり石川県で生活していました。'18年には当時19才の女性と再再婚しましたが、相手の不貞行為が発覚して、昨年12月に3度目の離婚。現在は石川県を離れ、長野県内のホテルで暮らしているといいます」(スポーツ紙記者)

 2月には、クラウドファンディングのリターンを巡って金銭トラブルを起こしていたことも発覚。『週刊女性』の電話取材に対し、

「病気があって一般的な仕事に就けず、(金銭面などで)自分にも落ち度があるので……。しょうがないですね」

「(借金は)返せるところは、返しています……」

 と、力なく答えていた。

 苦難続きの中、突然の植毛報告となったわけだが、いったいどんな経緯で行われることになったのか。トルコでの手術に同行した『株式会社薄毛の窓口』の代表である山本祐司氏に話を聞いた。

「今回の植毛手術は、今年1月に私からお声がけして実現しました。昨年末、いしださんの離婚に関するネットニュースを読んでいた際、コメント欄で彼の頭髪に関する誹謗中傷が多く、憤りを感じたんです」

 山本氏自身も薄毛に悩み、海外で植毛手術を受けた経験の持ち主。その過程で培った知識や海外での人脈を活かし、腕の確かな医者をコーディネートする仕事を行うようになった。日本ではあまり聞きなれない言葉だが、“植毛手術”とはどのようなものなのか。

「後頭部や側頭部にある“将来も生え続ける毛根”を、頭髪と一緒に前頭部や頭頂部に移植する手術です。移植した箇所の毛が抜けても再び生えてくるので、細かいメンテナンスなどがいりません」(山本氏、以下同)