2020年4月に改正健康増進法が全面施行されてから2年が経とうとしている。この2年で喫煙を取り巻く環境は大きく変化。望まない受動喫煙の防止を図るため、学校や病院などに加えて飲食店やオフィスといった場でも受動喫煙対策が義務付けられ、屋内では原則として、喫煙専用室または加熱式たばこ専用喫煙室でのみ喫煙が可能となった。

 改正健康増進法の全面施行以降に多く見かけるようになったのは、「街中の喫煙所」だろう。屋内で喫煙できなくなった“喫煙難民”による歩きたばこや路上喫煙の増加を防ぎ、屋外での分煙を推進するため、公衆喫煙所を設ける自治体が増加。東京・台東区は'21年9月、24時間利用可能な公衆喫煙所を上野公園にほど近い池之端に設置している。(同じコンテナ内に日中と夜間で使用可能な喫煙所が設置されている)

池之端二丁目の公衆日中喫煙所、利用時間は7:00〜19:00
池之端二丁目の公衆夜間喫煙所、利用時間は19:00〜7:00

 このように、屋外ではスモーカーとノンスモーカーの“共存”を図る動きが広がりを見せているが、さらに一歩進んだ取り組みとして、オフィス空間での分煙という新たな共存の形を提案する施設が登場した。

 それは22年3月18日、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅から徒歩6分の場所にオープンした個室型サテライトオフィス『REALab powered by point 0 二子玉川』。3階建てのビルの2~3階に構える同施設は、なんと3階がまるごと「喫煙可能エリア」となっているのだ。

3月18日にオープンした『REALab powered by point 0 二子玉川』

安心・快適に働ける空間を追求した施設づくり

『REALab』は、三菱地所リアルエステートサービス、そして様々な企業とタッグを組んで新しいオフィス空間づくりに取り組むpoint 0との共同開発プロジェクト。

 会社や自宅の代わりに、身近な場所でリモートワークができるこれからの時代の新しいオフィス形態を提供している。'21年10月にオープンした東京・立川に続き、二子玉川が2つめの施設となる。

『REALab powered by point 0 二子玉川』は、2フロアの構成で、1フロア当たり13の個室を完備。『REALab』では「安心・快適に集中できる個室空間」をテーマとして掲げており、施設と各個室への入り口、さらにはプリンターまで顔認証を採用。

 カードキーの利用や暗証番号を打ち込む必要がないので、接触の機会が減り感染対策にもつながる。また同じく感染対策として、コロナウイルスを99.9%不活性化するシステムを導入して、常にきれいな空気を提供しているという。

個室への入室は、顔認証システムを採用

 快適に仕事ができる空間の開発に取り組んでおり、例えば、フロアの中心に配置された個室は「坪庭」をコンセプトに、向かいのブースとの仕切り部分をガラス張りとし、その間に植栽を配置。

「完全に遮断された空間にすると、圧迫感からストレスを感じる傾向にあります。ガラスにすることで植物を見渡せ、ストレス軽減を図っています」(株式会社point 0 豊澄幸太郎副社長)

植物を取り入れ、ストレス軽減を図った個室

 さらに、フロアには鳥のさえずりなどの環境音が流れている。

「今、ウェブ会議が主流になっています。REALabは完全個室になっていますが、さらに隣のブースからの音漏れを防止するマスキングの効果も狙って環境音を流しています」(豊澄氏)