4月13日から始まる間宮祥太朗が主演のドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系)に宇梶剛士が出演する。

「間宮さんが演じる主人公の父親役です。関東最強ともいわれるヤンキーファミリーで、宇梶さんは息子にケンカのやり方を叩き込んだという役。宇梶さんは実際に暴走族の総長だったこともありますから、ハマり役かもしれませんね(笑)」(スポーツ紙記者)

 テレビドラマや映画でのイメージが強いが、'07年には劇団も立ち上げている。

「『劇団パトスパック』は“劇団”という形でしか表現できない舞台づくりを追求したいという思いから旗揚げされました。宇梶さんのルーツでもある北海道やアイヌをテーマに、'19年に初演が行われた『永遠ノ矢=トワノアイ』は、映画化されて3月12日から北海道で公開されています」(同・スポーツ紙記者)

 活動は順調そうに思えるが……。

宇梶を直撃すると……

実は、昨年7月の北海道公演を最後に、極秘解散していたそうなんです。もともと台所事情が厳しかったこともあるようですが、劇団員が高齢化してきたことで家族に止められるメンバーもいたんだとか」(舞台関係者)

 しかし、15年続いた劇団の解散ともなれば、ファンやメディア向けに発表をしてもいいはず。何か沈黙している理由があるのだろうか。3月中旬の昼下がり、大きな荷物を持って自宅から出てきた宇梶に話を聞いた。

――昨年7月の公演をもって、劇団を極秘解散したと聞きました。事実ですか?

極秘って(笑)。名前は残しているんだけど、“俺たちが一緒に芝居を作るのは、この前(昨年7月の公演)で最後だな”と。そういう意味では解散かもしれません

――“名前は残す”とは?

今年の12月に、俺が企画する『600歳の会』っていう舞台を予定していて。10年前に『500歳の会』という舞台を、池田成志とか渡辺いっけいとか小川菜摘ちゃんとか、同じ年の10人でやったんだけど、10年たって60歳になるから、またやるという形。そのときに“宇梶剛士企画”というより“劇団パトスパックプロジェクト”という名前があるほうがギャラ交渉とかの対外的な折衝もやりやすいから、そのためにも名前は残すの。

 俺、渡辺えりさんの子分というか後輩というか弟みたいな感じなんだけど、えりさんが『劇団3○○(さんじゅうまる)』を長くやってこられて、解散したあとに『オフィス3○○』という会社で舞台製作をしているのね、それをマネたような感じ」